明和地所

「半投半住」という新しい不動産投資モデルを提示している明和地所について特徴や口コミをお伝えしていきます。

コンパクトな不動産活用法「半投半住」がおすすめ

明和地所は、「半投半住」という考え方をおすすめしています。従来、マンションのような大規模な不動産は「一生ものの買い物」という考えが根強くありました。しかし、明和地所では居住物件としてマンションを購入する際にも、投資物件としての価値を考えることで、将来的に賃貸や交換、買い替えといった選択肢を選べるようにするのです。

明和地所の他にも、信頼できる投資会社をまとめています

明和地所の口コミ・評判

  • 明和地所は前職での営業先企業だったことから縁がありました。企業自体の情報も知っていたため、ほかの不動産業者に対して時々感じるような不信感もなく利用できました。また、営業担当社の接客態度もきちんとしていて、好感を持てるものでした。私自身がこれまで取引先として接してきた経験や情報からも、明和地所には利用者が安心して相談できる環境がしっかり構築されていると言えるはずです。高い信頼性や納得感があるので商談を進めやすいのが大きなメリットだと思います。(60代/男性)
    参照元:不動産投資のミカタ(https://mikata.top/toushi/companies/378)
  • 明和地所が開催しているセミナーに参加してきました。投資プランについての具体的な話し合いやショールームでの担当者との話し合いもでき、有意義なセミナーだったと思います。また、よくあるような物件購入の介入や強引な勧誘もなく、安心して参加できると感じました。今後のセミナー開催にも十分期待できると思います。(60代/男性)
    参照元:不動産投資のミカタ(https://mikata.top/toushi/companies/378)
  • 会社が札幌市の中心部に近く、地下鉄の最寄り駅から徒歩5分程度で行けるという大きなメリットのある物件を手に入れることができました。また、物件周辺には公園や食品スパーもあり住環境はとても良い感じです。札幌市のような転勤族の多い土地では、本州から家族と一緒に転勤してくるサラリーマンのニーズに応えられる物件だと言えるでしょう。(60代/男性)
    参照元:不動産投資のミカタ(https://mikata.top/toushi/companies/378)

公式サイトに豊富な物件情報を掲載

明和地所での公式サイトでは、豊富な物件情報を掲載しています。マンションをはじめとする物件の情報はもちろんのこと、特定エリアの市場価格の推移などの情報も手に入るので、目を通しておくといいでしょう。

明和地所のサービス

明和地所公式サイトでは、「半投半住」という考え方について以下の4つの項目を設けて解説しています。

  • 半投半住という考え方
  • 住まい選び
  • 投資・節税対策
  • 希少性

半投半住という考え方

マンションのような大規模な不動産は、従来は一生ものの買い物と考えられてきました。しかし、明和地所では現代のライフスタイルの多様化や金利の低下といった時代の変化してきています。この変化に合わせて、購入したマンションを将来的に資産として活用することも視野に入れる「半投半住」という考え方を推奨しています。「半投半住」は、将来的に賃貸から脱出して資産形成をしたい人、実家から独立したい人、SOHOビジネスの拠点を求めている人、物件の資産運用を考えている人などにおすすめです。

利用者の目的に合わせて物件選び

物件を購入する際の基準は一人ひとりの目的によって異なります。将来的に物件の住み替えによる売却や資産形成を考えているなら、最初から高い資産性を持ち、その資産性を長期間維持できる物件を探すことが大切です。明和地所では、「シングル」、「ディンクス」、「デュークス」といった住宅モデルの種類別や、シニア、SOHO目的などの用途によってそれぞれ異なる資産形成モデルを提示してくれます。

投資・節税対策

不動産投資は、投資だけでなく節税対策としても有効です。明和地所の公式サイトでは、投資や節税対策としての物件購入を考えている人に向けて、6つのポイントを設けて説明しています。

代表的な投資目的は、家賃収入による老後の蓄えでしょう。不動産賃貸による安定収入によって老後の生活を支えるのです。また、不動産相続は現金や預金の相続に比べて相続税額が低いので、不動産による資産形成によって節税が可能です。

賃貸マンションの運用時には、必要経費が認められるのも注目すべき点です。管理費や修繕費は必要経費として認められるので、確定申告で所得税の還付を受けられます。さらに、資産形成のために購入した物件は、将来的に子どもや親族のための住居やセカンドハウスとして利用することもできます。

このようなメリットのあるマンション経営ですが、アパート経営と比べるとハードルが低めなのも魅力のひとつ。マンション経営は自己所有地がなくても始められますし、銀行ローンも利用可能なので万が一の事が起こってもローン完済が可能です。

希少性

物件を選ぶ際には、立地条件や住宅設備など注目すべき点がたくさんありますが、物件の希少性も重要です。現代では全国的に単身世帯が増えており、それに合わせてコンパクトマンションの需要が高まってきています。しかし、需要に対する供給は決して高くはなく、特に新宿区におけるコンパクトマンションは希少性が高い物件となっています。

会社概要

社名 株式会社 明和地所(MEIWAJISHO CORPORATION)
所在地 千葉県浦安市入船4-1-1
資本金 3,000万円
免許番号 千葉県知事(11)5998号
事業内容 不動産売買の仲介、不動産賃貸の仲介、不動産管理、入居者向サービスの提供、不動産の開発および分譲、 不動産投資コンサルティング、不動産事業の企画・提案・販売、建物メンテナンス、リフォーム、建設請負、 不動産情報サービスの提供、損害保険代理
             

ワンルームマンション投資の事例