ワンルームマンション投資ガイド HOME » 評判の良いワンルームマンション投資会社一覧

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧

ワンルームマンション投資を始めるにあたって、優良物件を購入できるかどうかは投資会社の提案力にかかっています。

投資会社を選ぶ前に、そもそも投資するのであれば「新築」と「中古」どちらが良いのか、それぞれのメリットをおさらいしておきましょう。また物件ジャンル別に、おすすめの会社3選も掲載しています。

パートナーにふさわしい投資会社を選ぶことが、マンション投資による収益を大きくする重要な要因になります。ぜひ、自分の投資スタイルに合った投資会社を見つけてみてください。

【初心者向け】新築物件に強い投資会社3選
【経験者向け】中古物件に強い投資会社3選↓
【玄人向け】バランス型の投資会社3選↓

そもそも投資するなら新築と中古どちらがいいのか

ワンルームマンション投資の物件選びで大きな悩みどころとなるのは、新築物件にするのか、中古物件にするのかというところ。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、下記にまとめてみました。投資のスタイルや考え方に合わせて選ぶのがよいでしょう。

新築物件のメリット・デメリット

自己資金の割買いが少なくて済む

新築物件は、自己資金が少なくても融資が受けやすくなります。物件の資産価値が高いので、融資を利用する割合を大きくできるのです。そのため、同じ金額の物件でも中古より自己資金の割合を少なくできます。

長期間の空室保証が受けられる

新築マンションの場合、20年以上の空室保証や家賃保証を受けることができます。中古はどうしても経年劣化しているので、保証しにくい面があります。長く安定した収益を得るなら新築物件がよいでしょう。

税金対策になる

新築の場合、3年間は固定資産税が減額されます。このような節税対策ができるのは、新築物件ならでは。収益と節税効果の2本立てはオトクな感じがしますね。

ローリスク・ローリターン

購入価格は、どうしても中古物件より高くなってしまいます。そしてその分利回りも悪くなります。中古物件よりもローリスク・ローリターンな投資物件と言えるでしょう。

中古物件のメリット・デメリット

購入金額が安い

最大のメリットは、やはり購入金額だと思います。新築物件は、誰かが所有した瞬間に中古物件になり、価値が下がります。その点、中古マンションは新築よりも価値の低下が緩やかで、差がつきにくいと考えられます。

賃料や空室状況の目安がわかる

すでに賃貸に出ている物件は、賃料や空室状況がわかります。空室があれば、それは賃料が適切かどうか、あるいはサービスの問題なのかなど、戦略をつくる為の情報があらかじめわかります。

融資を受けづらい

中古物件は、融資は新築よりは受けにくいという弱点があります。もちろん融資を利用することは可能ですが、自己資金の割合が大きくなると思います。初期投資が大変というところ。

■物件の見極めが難しい

また、低価格物件は物件の悪い部分が表に出づらい為、品質の悪い中古品をつかまされる可能性があります。更に、税金面での優遇は戸建てよりは弱くなることにも注意してください。新築物件と比べややミドルリスク・ローリターンの性質をもちます。

ジャンル別・マンション投資オススメ投資会社まとめ

新築と中古物件のメリット・デメリットをご紹介したので、新築に強い会社、中古に強い会社、そして玄人向けのバランス型の会社でそれぞれのオススメトップ3をご紹介しようと思います。

マンション投資において、投資をするための物件選びはもちろんですが、利用する投資会社も同じく気になるところですね。

マンション投資には、投資会社によって強みを持つ物件があり、新築か中古か、またはバランス型なのかという違いがあります。

ここではマンション投資に際して押さえておきたい、投資会社の特徴についてまとめました。

マンション投資会社の比較表

投資が初めて、もしくはあまり慣れていない初心者と、経験者、そして玄人向けのための比較表を以下に掲載します。

投資家レベル おすすめの投資会社のタイプ おすすめポイント
初心者向け 新築物件に強い投資会社 投資しやすいワンルーム物件が揃っている
経験者向け 中古物件に強い投資会社 一棟タイプにも対応し選択肢が広い
玄人向け バランス型の投資会社 幅広い物件を用意しており会社からのサポートも手厚い

上記の表を比較した結果、初心者には新築物件を扱う投資会社が適しており、経験者は中古物件に強い会社が、すでに経験を積んでいる玄人にはバランス型の会社が向いていることがわかりました。

それではここからはさらに詳しく、それぞれの投資会社についてみていきましょう。

【初心者向け】新築物件に強い投資会社3選

新築物件に強い投資会社の特徴としては、新しく建った物件を豊富に扱っているという点にあります。

不動産投資を始める場合、最初からリスクの大きな中古物件ではなく、すべての設備が新しい新築物件がおすすめ。ワンルームマンション投資は規模が大きくないことから、初心者の投資家に特におすすめです。

ワンルームといっても1Rから1DK、1LDKまで豊富に揃っているので、必ずしも手狭な物件ばかりではありません。

都心への近さや周辺環境など、チェックするポイントは多々ありますが、物件そのもののリスクが低いことが最大の魅力といえるでしょう。

新築物件は入居者が集まりやすいため、空室率を問題にしなくて良いというメリットもあり、初心者に向いていると判断できます。

新築物件は初心者に限らず人気の高い投資先となっています。そのため、新築物件を優先的に扱っている投資会社も数多くあり、投資会社の選択肢そのものが多いということも魅力の一つとなっています。

初心者向け投資会社の特徴

投資会社の選定も投資をする上では非常に大切です。不動産投資を行うにあたり、初心者投資会社では次のようなところに気をつけて選ぶようにしましょう。

充実したサポートがあるか

最も重要なのは、充実したサポート体制があるのか? ということです。投資をする上で失敗を0にすることは難しいです。しかし、失敗した時に対応をしてくれるサービスを提供する投資会社もあります。初心者の人は、まずは失敗も想定して会社が徹底サポートしてくれるような会社を選ぶように心がけましょう。

カウンセリングをしっかりしてくれるか

投資会社が物件を選ぶ際にしっかりとカウンセリングをしてくれる会社があります。しかし、初心者を相手にしていない会社ではカウンセリングをあまりしっかりせずに物件を紹介する場合があるので、物件を選ぶ際に、しっかりカウンセリングをしてもらえる会社を選びましょう。初心者向けの会社では、物件の希望条件だけではなく、将来性やライフプランにあった物件なのか? といったところまでしっかり考えてくれるので、そのような点も考慮しながら会社を選ぶと良いでしょう。

このような項目に該当するのが、次の3社です。どの会社も丁寧なカウンセリングを施してくれるので、是非ご検討ください。

pickup 1

環境ステーション

環境ステーションHPキャプチャ

不動産運用はもちろん、資産運用を広い視野で考えながら、ポートフォリオの作成といった具体的なサポートをしてくれます。

新築マンションへの投資を中心にした、ローリスクで安定した資産運用を提案してくれるのもポイント。利回りにこだわりすぎず、長く収益を得ることを第一に考えてくれるのが環境ステーションです。

管理面でも、滞納保証や家賃保証が用意されているので、家賃収入がなくなったり、入金されなかったりという心配がなく、安定した収入を確保し続けることが可能です。

環境ステーションの口コミ

環境ステーションの口コミでは、問い合わせに対する真摯な対応に票が集まっていました。担当者に誠実さと対応力を求める方、担当者と近密な関係を築きたいと考えている方には最適な投資会社でしょう。

環境ステーションの物件情報

環境ステーションの物件情報を紹介します。

物件例1.駅チカで入居者の確保に有利

オーナーチェンジ物件ではありますが、日比谷線の神谷町駅から歩いて3分という好立地な案件。高級感のある外壁タイル鍼で、耐震改修工事も2017年に実施済。また、宅配ボックスやオートロック、防犯カメラなど、1人暮らしにはありがたい設備も整っています。駅チカで充実したマンションなので、入居者の決定もしやすいでしょう。

物件例の参考:環境ステーション公式(https://www.sumai-ginzaroom.com/sale_used_mansion_segments/32574)

物件例2.立地・設備ともに充実したマンション

2018年にリフォームが行なわれ、その際に壁や天井のクロス・塗装などを張り替え、エアコンやトイレなども一新されている物件。屋内に洗濯機が設置でき、オートロックも完備されているので、ワンルームマンションとして魅力的な条件だといえるでしょう。また、最寄り駅から歩いて2分という立地の良さも魅力です。

物件例の参考:環境ステーション公式(https://www.sumai-ginzaroom.com/sale_used_mansion_segments/32599)

環境ステーションの概要

社名 環境ステーション株式会社
所在地 東京都中央区銀座1-8-14 銀座YOMIKOビル
免許番号 東京都知事(3)第81518号
pickup 2

レジデントファースト

レジデントファーストHPキャプチャ

不動産業界最大手の三井不動産グループの投資会社がレジデントファーストです。こちらも新築マンションを自社ブランドで展開しており、高品質な物件を提案してくれます。

大手グループなので、買うときも売るときも独自のネットワークが使えるのがうれしいですね。特に、売却時に販路があるのは大きいと思います。

スタッフの宅建資格保有率が高く、信頼できる会社と言えますね。

レジデントファーストの口コミ

レジデントファーストの口コミでは、問い合わせなどに対する対応の早さに対する声が目立っていました。そのため、可能な限りスピーディーな対応を求める方、早く投資を始めたい方に適しています。

レジデントファーストの物件情報

ここでは、レジデントファーストで取り扱っている新築マンションを紹介します。

物件例1.立地条件の良い新築マンション

「Keyaki Terrace 恵比寿南」は、東京都渋谷区恵比寿南一丁目にある鉄筋コンクリート造りの地上7階建・地下1階建て新築マンションです。JR山手線恵比寿駅から徒歩5分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅から徒歩6分というアクセスの良さ、そして立地の良さなどが大きな魅力です。恵比寿周辺に住んでいる方にとっては、需要のあるマンションといえます。1部屋の間取りは1LDKなので、単身もしくは2人暮らし向けの仕様です。(竣工日:2021年3月31日)

物件例の参考:レジデントファースト公式(https://www.mitsui-chintai.co.jp/rf/tatemono/8254)

物件例2.シックな雰囲気のマンション

「ルーチェ六義園」は、東京都文京区本駒込六丁目に建てられる鉄筋コンクリート造りに地上3階建てマンションです。(竣工日2021年3月31日)外観は、ダークブラウンのようなシックなデザインでまとまっており、落ち着いた雰囲気を感じさせます。エントランスは、黒と金の内壁デザインなので高級感を演出。1部屋の間取りは、1KにWIC(ウォークインクローゼット)を追加しており、1人暮らし向けの物件だといえるでしょう。

物件例の参考:レジデントファースト公式(https://www.mitsui-chintai.co.jp/rf/tatemono/10053)

レジデントファーストの概要

社名 レジデントファースト株式会社
所在地 東京都港区赤坂八丁目4番14号
免許番号 東京都知事(1)第96482号
pickup 3

FJネクスト

FJネクストHPキャプチャ

テレビCMでも知名度のある「ガーラ」シリーズを供給している不動産会社。こちらもハイグレードな物件を取りそろえ、駅から近く通いやすいという強みがあります。

家賃保証・滞納保証のサービスも受けることができるので、マンション投資から管理までを一括してお願いすることができます。

FJネクストの口コミ

口コミでは、「大手・上場企業としての安心感」「初心者に対する親切な対応」などの意見が多く、初めてワンルームマンションに投資をする方、投資を勉強し始めたい方などに向いているでしょう。

FJネクストの物件情報

FJネクストで取り扱っている新築分譲マンションを紹介します。

物件例1.都心へのアクセス良好な物件

「ガーラ・アヴェニュー元住吉」は、神奈川県川崎市中原区にある新築分譲マンションで、鉄筋コンクリート造りの地上8階建て。間取りは2Kで、バルコニーが付いています。東急東横線と目黒線「元住吉」駅から徒歩で10分程の距離にあるので、都心で働いている1人暮らしの方にも住みやすい立地です。また、高級感も醸し出しているので、デザイン重視の方も入居を検討しやすいのではないでしょうか。さらに駐車場と駐輪場もあるので、車やバイク、自転車を持っている方にも住みやすい仕様です。

物件例の参考:レジデントファースト公式(https://www.gala-series.com/ga-motosumiyoshi/)

物件例2.浅草駅に近いモダンデザインのマンション

「ガーラ・アヴェニュー浅草」は、4路線の交わる浅草駅から徒歩12分程の場所にあるマンションです。そのため、北千住や日本橋、虎ノ門、銀座などといったエリアへ仕事や買い物で立ち寄る方達が入居しやすい強みも持っています。また、浅草駅周辺には、浅草ROXや浅草寺など観光や商業施設があり、浅草の街が好きな方にとって特に需要のあるマンションといえます。他にはガーラコンシェルジュサービスを付帯しているので、カメラ付きオートロックシステムなどの防犯や、設備修理や施設情報といった案内・サポートも受けることができるのも特徴的です。外観は、白を基調としたモダンでシンプルなデザインです。

物件例の参考:レジデントファースト公式(https://www.gala-series.com/ga-asakusa/index.html)

FJネクストの概要

社名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
所在地 東京都新宿区西新宿6丁目5番1号 新宿アイランドタワー11F
免許番号 国土交通大臣(4)第5806号

【経験者向け】中古物件に強い投資会社3選

中古物件に強い投資会社の特徴として、新築にはない好条件の中古物件を扱っているという点が挙げられます。

条件の良い物件は、新築であると購入価格が高くついてしまいますが、中古であれば初期投資を低く抑えることが可能に。さらに新築物件よりも高い利回りの収益が期待できます。

新築のワンルームマンションのように、区分マンションを一室だけ借りて収入を得ようとしても、手元に入るお金は一室分のみとなり、それほど多くはありません。

しかし中古物件のように初期投資が抑えられる部屋についてはその限りではなく、より賢いかたちでの不動産投資ができます。

中古物件に強みを持つ投資会社は、中古物件ならではの特徴や魅力を把握しているため、中程度レベルの投資家のニーズにも応えることができます。

一室のみでは得られる収入が限られてしまうので、一棟まるごとの貸し出しも視野に入れている方は、中古物件を豊富に取り扱う投資会社を選ぶと良いでしょう。

経験者向け投資会社の特徴

経験者向けの投資会社の特徴は、すでに物件を所有している人が利用している会社ばかりです。

サポートは充実していますが、王道路線というよりは中古物件で投資を展開するものや様々です。

中古物件をはじめ特定の物件を扱う

新築物件よりも中古物件を多く扱っている会社が、経験者向けの会社に多くあります。中古物件の場合、投資のノウハウをある程度知っていないと成功するのが難しい物件です。どちらかというと、慣れた人が複数の物件を持つ際に活用するので、初心者ではなかなか手を出しづらい物件ばかりです。

投資会社側へ物件の相談ができる

初心者は、業者のサポートのもと物件選ぶようにすれば良かったわけですが、経験者になるとある程度物件を選定してから、投資会社に相談するケースが多くなってくるので、投資会社の一方的な提案ではなく、こちらからこの物件はどうすれば良いか? という相談が出来る点もあります。

以上が経験者向け投資会社の特徴です。これを踏まえてオススメするのが次の3社です。是非この3社を参考にして選ぶようにしましょう。

pickup 1

レイニッチ

レイニッチHPキャプチャ

説明がわかりやすく、安心して依頼できる会社です。自社で買い上げた物件を修繕・リフォームして販売したりもしています。

物件を購入したり、あるいは手放すときに手早く買い取ってもらうことも可能です。

レイニッチの口コミ

レイニッチの口コミでは、デメリットを隠さない、情報提供を頻繁に行ってくれるなど、担当者に対する意見が多く見られました。ここから、担当者と良い関係を築きたい方、誠実さを求める方に最適です。

レイニッチの物件情報

レイニッチの中古物件を紹介します。

物件例1.内装リフォーム済みで駅チカ物件

「ビッグ武蔵野国分寺」は、昭和58年1月(1983年)に建てられた鉄筋コンクリート造りの地上5階建てマンションです。築30年超えということもあり内装リフォームなども施しています。国分寺駅から徒歩3分というアクセスの良さも魅力で、駅チカ物件を探している方達からの需要も満たせる可能性があります。また、周辺には大学キャンパスもあるので、学生の入居も期待できます。間取りは1Rの南向きです。他には利回り9.71%という高利回りを期待できる点にも注目です。

物件例の参考:レイニッチ公式(http://www.rayniche.co.jp/detail.php?id=21248&page=1)

物件例2.都心4駅から近いマンション

都心4駅「乃木坂、赤坂、六本木、六本木一丁目」から徒歩10分程でアクセスできる好立地という点がメリットでもある赤坂レジデンシャルホテル。ホテルという名称ですが、住居部分もあるので住居用マンションを探している方の入居も可能です。1階部分にはコンビニがあり、エントランスにフロントサービスも用意されています。また、事務所としても活用できるため、オフィスを探している事業者にとっても利用しやすい物件といえます。幅広い需要に対応できるのも「赤坂レジデンシャルホテル」の特徴です。

物件例の参考:レイニッチ公式(http://www.rayniche.co.jp/detail.php?id=21232&page=1)

レイニッチの概要

社名 株式会社レイニッチ
所在地 東京都千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル1階
免許番号 宅地建物取引業免許 東京都知事(3)第81595号
pickup 2

ホームサポート21

ホームサポート21HPキャプチャ

こちらは、低価格帯の中古マンションを専門に扱う投資会社。それも1,000万円台のものしか扱わないという徹底ぶり。

低価格だと自己負担が少なくて済むというメリットがあります。早期に回収をして、あとは家賃収入をそのままもらっていきたい、という人には魅力的ですね。

ホームサポート21の口コミ

ホームサポート21の口コミでは、提案力の高さに対して定評がありました。そのため、他の企業では希望のワンルームマンションが見つからなかった方、独自の条件を持っている方などにおすすめの企業です。

ホームサポート21の物件情報

続いてホームサポート21の中古物件を紹介します。

物件例1.実質利回り7%を見込める物件

「ライオンズマンション関内第5」は、神奈川県横浜市に建てられた中古マンションです。8階建ての1Rマンションで、オートロックも付いています。最寄りの関内駅からは、徒歩14分でアクセスできるので、同駅を利用する方にとっても入居メリットのある物件。そして、表面利回り11.56%、実質利回り7.73%という高い利回りを見込めるのが大きな特徴で、派手さはないものの実用的かつ売買価格550万円(2021年2月4日時点)というリーズナブルな点も注目すべきポイントです。

物件例の参考:ホームサポート公式(http://www.homesupport21.com/detail.php?seq=6017)

物件例2.リフォーム済み2DKマンション

「アネックス鶴見本町通」は、平成2年2月(1990年)に建てられた8階建てマンションです。間取りは2DKで、一般的に1人や2人暮らし向けの物件といえます。リフォームは2019年に実施しており、クロスや床の張替えからキッチンとトイレといった設備の交換済みです。リフォーム後の内装は、木目調の床と白を基調としたクロスで、ナチュラルな雰囲気も感じさせています。また、鶴見駅からは徒歩10分程でアクセスできるので、駅利用者からの需要も期待できます。

物件例の参考:ホームサポート公式(http://www.homesupport21.com/detail.php?seq=6022)

ホームサポート21の概要

社名 株式会社ジョイコンサルティング
所在地 東京都新宿区百人町1丁目5番4号 東都ビル201号
免許番号 東京都知事免許(2)第87529号
pickup 3

ジー・ピー・アセット

ジー・ピー・アセットHPキャプチャ

不動産投資セミナーを積極的に行っている不動産会社。20年以上不動産の流通に関わってきた実績を持ち、長く続けられる物件が多いのが強みです。

高い入居率を維持し続ける独自のノウハウを持ち、マンション管理まで安心して任せられる会社です。

ジー・ピー・アセットの口コミ

ジー・ピー・アセットでは担当者が投資家の目線に立ってくれるという評判が多く見られました。そのため、ワンルームマンション投資の相談をしたい方、対応の良い担当者を求める方に良いでしょう。

ジー・ピー・アセットの物件情報

ジー・ピー・アセットの公式サイトでは、物件情報を掲載していないためサービスについて紹介します。

物件例1.コンパクトファミリーというジャンルの提供

ジー・ピー・アセットでは、「コンパクトファミリー」というジャンルを提案しているのも特徴です。「コンパクトファミリー」は、出口戦略も考えられた商品で売却しやすいよう、現代のライフスタイルに合わせた間取り設計となっています。間取りは1LDK~2LDK、面積30m2~60m2となっており、1人もしくは2人暮らしにも住みやすい内容です。そのため、単身者だけでなく2人暮らしの方達にも入居してもらいやすい特徴も持ち合わせています。また、1LDK~2LDKは供給量が少ない傾向なので、一定の需要を見込めます。売却も見据えた運用を考えている方は、ジー・ピー・アセットの「コンパクトファミリー」も検討してみてはいかがでしょうか。

物件参考:ジー・ピー・アセット公式(https://www.gp-asset.co.jp/compact-family/

ジー・ピー・アセットの概要

社名 株式会社ジー・ピー・アセット
所在地 東京都渋谷区代々木2-10-8 ケイアイ新宿ビル5階
免許番号 東京都知事 (3)第81884号

【玄人向け】バランス型の投資会社3選

バランス型に強い投資会社の特徴としては、新築から中古、ワンルームから一棟まで、幅広い不動産投資先を用意しているということです。

不動産投資会社として実績があり、販売実績も豊富であれば信頼に足るといえますし、投資家にとっても万全のサポート体制をとっています。

不動産投資は数年にわたる長い運用となるため、信頼のできるバランス型の投資会社に任せることが、運用を成功させるポイントとなります。

玄人の投資家の方はある程度投資可能な物件を絞り込むことができますが、投資会社と連携して適切なサポートが受けられれば、さらに不動産投資は効率の良いものになっていきます。

近年、都心部のワンルームマンションの需要増によって、マンション投資は難しいものではなくなりました。しかし投資を行う際には、どの場所のどの物件を選ぶべきか、投資家自身がさまざまな選択肢や条件の中から選び出さなければなりません。

豊富な選択肢から最適な投資先を選び出すためにも、多くの物件を扱っているバランス型の投資会社がもっとも適しているといえるでしょう。

玄人向け投資会社の特徴

玄人向け投資会社の特徴は、物件の情報を様々なデータを活用して選ぶことが出来る会社ばかりです。初心者の会社とは異なり、専門性の知識がないと投資の相談をすることが難しい会社と言えます。

しかし、慣れている玄人であればこのような会社を選ぶことで、良い投資を行うことができます。

独自の分析力を持っている

投資物件を選定するにあたり、独自の情報を持っているかも重要です。玄人向けの会社の場合、独自の分析方法で良い物件の選定を行なっています。また、投資をしようとする物件に対してもアドバイスをすることが出来るので、分析力を持った会社が玄人向けであると言えるでしょう。

投資方法が新しい

従来の投資方法だけでなく、独自の投資方法で注目を集めている会社もあります。物件を提案するだけではなく、理想のマンション経営をするためのオーダーメイド型の投資といった新しいタイプのサービスを展開しているところもあります。初心者の場合、今までにない投資スタイルに参入すると失敗する可能性もあるので、ある程度実績がありより利益を生み出したい人が利用する投資方法だと言えるでしょう。

以上のように、他の会社に比べて専門性が高く、ある程度知識がなければ投資をするかの決定が難しいのが玄人向けの投資会社です。次のような会社が、玄人向けの投資会社であると言えます。是非参考にしてみてください。

pickup 1

デュアルタップ

デュアルタップHPキャプチャ

デュアルタップは、2006年設立のまだ若い会社。新しいスタイルの投資法で注目を集めています。

大きな特徴は、自社物件を提案するのではなく、あくまで顧客のニーズから必要な物件を絞り込んでいく「オーダーメイドマンション経営」。新築や中古、自己資金の大小などにこだわらず、幅広い選択肢からベストのものを選ぶことができます。

取扱物件は、東京23区内のニーズが高いエリアのみで厳選された物件。立地、設備に優れた物件を取り揃えています。

デュアルタップの口コミ

デュアルタップの口コミはあまり見ることができませんが、担当者の評判が良いようです。営業色を前面に押し出さず、真摯な対応をしてくれるので、営業をされたくない方、自分で決断したい方に向いています。

デュアルタップの概要

社名 株式会社デュアルタップ
所在地 東京都港区高輪2-16-41 デュアルタップ本社ビル
免許番号 宅地建物取引業【東京都知事(2)第86482号】
pickup 2

CFネッツ

CFネッツHPキャプチャ

目標達成に向けた、確実性の高い資産運用を提案するのがCFネッツ。不動産データをもとに、空室率や適切な賃料などを高く多角的に分析してくれます。修繕計画まできっちり作ってくれるので、安心して任せられます。

代表は米国不動産管理資格を日本に持ち込んだ第一人者なので、物件を見る目にも期待できます。

CFネッツの口コミ

CFネッツは、ワンルームマンション投資に対して的確なアドバイスと説明が好評です。そのため、ワンランク上の投資に進みたい方、現在の投資会社に不満がある方に試して頂きたい企業です。

CFネッツの概要

社名 株式会社シー・エフ・ネッツ
所在地 神奈川県鎌倉市大船2丁目19番35号 CFネッツ鎌倉ビル
免許番号 国土交通大臣(4)6045号
pickup 3

リズム

リズムHPキャプチャ

データの分析においては、かなり詳しいものをつくりあげてくれます。

市場に出ているマンションの膨大なデータのほか、さまざまな資料から判断される目に見えないデータを、目に見えるようにして提案してくれるのが嬉しいポント。

東京23区にターゲットを絞って、物件の競争力や地域のニーズなども徹底調査した上で、これをDDRというレポートブックにして提案してくれます。データに基づいて投資のことを考えると、より精密な投資計画をつくることができそうです。

リズムの口コミ

リズムは分析力が高く理論的な提案をしてくれると評判。ワンルームマンション投資上級者の方で、これまでよりも確実で高利回りの投資がしたいという方におすすめです。

リズムの概要

社名 リズム株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町13-3
免許番号 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1) 第8398号
一級建築士事務所 東京都知事登録 第59058号
賃貸住宅管理業者 国土交通大臣(1) 第1196号

投資会社の見極め方

マンション投資は、「物件選びよりも会社選び」ともいわれるように、いかにすぐれた投資会社を選べるかどうかに成否がかかっているといっても過言ではありません。

みなさんは「有名な会社だから」「店構えがオシャレだったから」といった理由で投資会社を選ぶということはないと思いますが、投資会社によって得意分野や得意エリアが違っていたり、サポート・サービス内容が違っていたりするので、しっかり比較することが大切です。

たとえば、A社は東京都内のワンルーム物件情報に強いが、郊外エリアの物件にはあまり強くない。対してB社は郊外エリアに独自のネットワークを持ち、とくにファミリーマンションの豊富な物件情報を抱えていたとしましょう。

私たちの投資ニーズが、「人気の高いエリアのワンルームマンション」だとすると、選ぶべきはA社になります。

また、C社は物件の情報量に強みがあるが、購入後の管理サポートには対応していない。かたやD社は取りあつかい物件数は並みであるものの、マンション管理業務も手がけており、購入後の管理も一元で任せられる場合。

購入後の管理は自分で対応するのであればC社で問題ありませんが、「本業があって副業である投資物件の管理まで手が回らない」「不動産経営は素人なので自信がない」という方は、D社を選ぶほうがかしこい選択ということになります。

このように、自分の投資ニーズ・目的にあわせ、投資会社を選ぶことがマンション投資を成功させるポイントだといえるでしょう。

マンション投資の目的はマンションを購入することではなく、投資したマンションから収益をえること。そう考えると、おすすめなのは購入後の物件管理や収益サポートなど、フォロー体制が充実している投資会社です。

具体的には、物件情報を押し付けるばかりでなく、まずはしっかり収支計画・返済プランについて提案してくれる会社は信頼性が高く、フォロー体制も整っている傾向があります。

また、投資の検討段階でも親身になって相談に乗ってくれるか、顧客への対応がスピーディで迅速かどうか、物件のメリットだけでなく聞かなくてもデメリット・リスクについてもきちんと説明してくれるかどうかも、優良投資会社を選ぶポイントのひとつ。

あまり収益率のよろしくない物件だったときに、売却の出口戦略についても提案しくれるようならさらに信頼性は高まります。

管理業務も一元管理してくれ、長期間の家賃滞納保証サービスなどがあれば、安心して運営を任せることができるでしょう。

改めて考えるワンルームマンション投資

ここでは改めて、ワンルームマンション投資とはどのようなものなのかについて見ていきましょう。

ワンルームマンション投資とは、その名の通りマンション丸ごとではなく、マンションの内の1室を購入し、それを賃貸することで収入を得る投資です。1棟丸ごとだと多額の初期費用が必要ですが、1部屋だけであれば手を出しやすい価格で購入できるため、サラリーマンの間で流行しています。

一方、1部屋しかないとリスクを分散しづらい点などデメリットもあります。以下、ワンルームマンション投資のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

ワンルームマンション投資のメリット

ワンルームマンション投資のメリットとしては大きく以下の3つが挙げられます。

  • 1.比較的小資本で始められる
  • 2.立地がよいことが多い
  • 3.管理に手間がかからない

まず、ワンルームマンションはマンションの内1部屋しか購入しないため数百万円から始めることができます。1棟ものだと安くても数千万円、高くなると数億円必要となることも多いため、初期投資額を用意するだけでも一苦労です。

また、ワンルームマンションは立地のよい物件が売りに出されていることが多い傾向にあります。マンションは立地がよければ一定の需要を期待でき、値崩れしにくいため将来的に高い資産価値を持ちやすいでしょう。

また、1室しか保有しないことにはデメリットもありますが、メリットもあります。それは、管理の手間が少ないことです。サラリーマンが副業として始めるのに、管理の手間が少ないことは非常に重要なことで、これも人気の理由の一つだといえるでしょう。

ワンルームマンション投資のデメリット

ワンルームマンション投資のデメリットは大きく2つ、以下の項目が挙げられます。

  • 1.空室リスクが大きい
  • 2.土地を資産として持てない

まず、先述の通りワンルームマンションでは1室しか保有しないため、空室になったら家賃収入は0円です。分散できる1棟者と比べて、空室リスクが大きくなってしまいます。とはいえ、この点については、複数のワンルームマンションを保有すれば解決できる問題です。

次に、1棟ものであれば、建物以外に土地も資産として持てますが、マンションは土地の内のほんの一部しか権利を持てず、実質的には資産価値があるのは建物部分だけということになってしまいます。このため、仮に天災などで建物が倒壊してしまったときは、資産価値もほぼゼロになってしまうわけです。

ワンルームマンション投資とアパート経営の違いって?

最後に、ワンルームマンション投資とアパート経営の違いについて触れてみましょう。

ワンルームマンション投資は、上記で解説している通り、少ない初期投資額から始められ、管理の手間もかからないのがメリットです。一方で1室しか保有しない場合には、空室になれば家賃収入がゼロになる分、空室リスクは大きくなることがデメリットでした。

アパート経営は土地と建物を丸ごと保有し、入居者を集めて貸し付けるため、初期投資額は大きくなってしまいますが、収益を大きくでき、かつ空室リスクを分散できるメリットがあります。

なお、ワンルームマンション投資についても、将来的に複数戸保有していけば、その中の1室が空室になったとしても家賃収入がゼロになることはありません。

また、アパート経営の場合、地震など起こって建物が倒壊してしまっては、建物まるごとだめになってしまいますが、ワンルームマンションを複数所有し分散する投資であれば、どこか1カ所で地震が起こっても保有しているマンションが全てダメになる可能性は低く、天災リスクという点ではワンルームマンション投資の方が勝っているといえます。

どちらも一長一短あるので、自身の投資すたいるに合った投資方法を選ぶと良いでしょう。

東京都内のワンルームマンション投資利回り相場

不動産投資と収益物件の情報サイト健美家(けんびや)では、東京都内のワンルームマンション投資に関する利回りを集計および公開しています。

  • 葛飾区:7.57%
  • 足立区:7.27%
  • 中野区:6.39%
  • 世田谷区:6.35%
  • 杉並区:6.33%
  • 江戸川区:6.23%
  • 練馬区:6.15%
  • 大田区:6.13%
  • 板橋区:6.10%
  • 荒川区:5.88%
  • 豊島区:5.87%
  • 目黒区:5.85%
  • 品川区:5.78%
  • 北区:5.77%
  • 新宿区:5.73%
  • 台東区:5.63%
  • 渋谷区:5.62%
  • 文京区:5.61%
  • 墨田区:5.52%
  • 江東区:5.46%
  • 中央区:5.31%
  • 港区:5.20%
  • 千代田区:5.02%

参考URL:健美家:【 投資マンション 利回りランキング:東京23区編 】
(https://www.kenbiya.com/press/pre2019-03-13.html)

2018年に公開された情報によると、都内で最も高い利回りの地区は葛飾区で7.57%を記録しています。葛飾区は2017年から0.26%アップしているので、引き続きマンション需要の見込める地域と考えることができます。そして、足立区は0.03%微減しているものの、他の地域よりも1%以上高い利回りを維持しているのが特徴です。

東京都内全体の利回りを平均化しますと、5.89%となっています。利回りの高さは、投資額に対する収益に影響を与えるので、地区全体の利回り相場も確認してみるのが大切です。ただし、利回りが高すぎる物件は、入居需要も低い可能性が考えられます。利回りの他、周辺環境や空室リスク、住みやすさも考慮するのも基本です。

東京のワンルームマンションの相場

不動産投資と収益物件の情報サイト 健美家(けんびや)では、東京都内のワンルームマンションの価格相場も公開しています。なお、前段で紹介した2018年版のデータには価格相場まで掲載されいなかったため、2017年版の相場を紹介します。なお、各地区の利回りは、2017年と2018年で0.01~0.3%程度の微増減です。

  • 葛飾区:1,138万円
  • 足立区:1,328万円
  • 中野区:1,641万円
  • 世田谷区:1,703万円
  • 杉並区:1,568万円
  • 江戸川区:1,772万円
  • 練馬区:1,553万円
  • 大田区:1,690万円
  • 板橋区:1,650万円
  • 荒川区:1,893万円
  • 豊島区:1,708万円
  • 目黒区:2,149万円
  • 品川区:2,003万円
  • 北区:1,784万円
  • 新宿区:2,033万円
  • 台東区:2,102万円
  • 渋谷区:2,459万円
  • 文京区:1,915万円
  • 墨田区:2,107万円
  • 江東区:2,110万円
  • 中央区:2,488万円
  • 港区:3,061万円
  • 千代田区:2,632万円

参考URL:健美家:【 投資マンション 利回りランキング:東京23区編 】
(https://www.kenbiya.com/press/pre2019-03-13.html)

2017年版の価格相場を確認してみますと、2018年も利回りの高い葛飾区や足立区などは他の地区よりも500万円以上安いことが分かります。また、東京23区の平均価格は1,961万円なので、平均よりも安く購入できる点にメリットを感じる方もいるかと思います。しかし、低価格で高い利回りという状態は、必ずしも良い状況といえません。

なぜなら物件価格が安いということは、安くしなければ入居してもらえない可能性もあるためです。たとえば、部屋の間取りや内装状態に課題があったり、駅から遠かったりなど、住みにくい要素がありますと入居率も下がってしまいます。利回りを確認した後は、物件価格も確認してみるのが基本です。

その他おすすめのワンルームマンション投資会社

クレアスライフ

4社からなる大手グループ会社で、長年の資産運用のノウハウを元に単身者向けマンションの提供事業を行っています。「コンシェリア」シリーズという、都心に多く展開している高級マンションもチェックしておきたいポイント。グループ会社の強みを生かし、賃貸、投資、販売のワンストップサービスが特徴的です。

クレアスライフのおすすめの理由を詳しく

スカイコート

昭和44年創業の不動産会社。マンション投資のコンサルティングを行うだけでなく、一括借り上げによる管理からリフォームまで一貫して任せられるのが特徴です。注目したいのは都内の物件だけでなく、海外不動産などの分譲・販売・運営も行っているサポートの幅広さ。優良物件もホームページ上で紹介されています。

スカイコートのおすすめの理由を詳しく

サークフルエステート

東京都内の収益物件を紹介する会社です。不動産コンサルティングを行っており、不動産投資の初心者から経験者まで幅広い層を対象にした投資セミナーも行っています。顧客の年代別に、資産形成の仕方やリスクを丁寧に説明してくれるので、投資に不安がある方にもおすすめです。

サークフルエステートのおすすめの理由を詳しく

トーシンパートナーズ

創業から25年以上、マンション投資コンサルティングを行っている会社です。業界でもトップクラスの入居率で、毎月データを公開しています。しっかりしたメンテナンスや管理に定評があるようです。

トーシンパートナーズのおすすめの理由を詳しく

インヴァランス

投資用マンションの企画・開発やコンサルティングを行っています。立地条件の良い自社物件を保有しており、顧客に対しても仲介手数料なしで自社物件の提供を行っているのが特徴です。ローンの提携金融機関が13社と多く、自分にあった借入プランを選ぶこともできます。

インヴァランスのおすすめの理由を詳しく

BRI

資産価値が高く賃貸需要のある東京都内のマンションに絞った投資案件を提案・仲介している会社です。自社物件も保有し、高級感のある内外装で単身世帯にも人気のある物件を紹介しています。

BRIのおすすめの理由を詳しく

シノケンハーモニー

創業から26年以上続く老舗の不動産会社で、2015年には首都圏投資用マンション供給ナンバーワンの実績をあげています。頭金ゼロ円、ローンのみでの投資スタートが可能。提携金融機関が多く、より有利なローンを組めるのも嬉しいポイントです。

シノケンハーモニーのおすすめの理由を詳しく

日本財託

平成2年創業の業界大手の不動産売買・仲介会社です。「オーナーの安定収入に貢献する物件でなければ紹介しない」というスタンスで、自社がオーナーの物件のみを紹介してくれます。仲介手数料が無料である点、地震に強いマンションのみを扱っているのが強みです。

日本財託のおすすめの理由を詳しく

ランドネット

物件を豊富に取り揃え、利用者のニーズに合わせた提案を行う不動産売買・仲介会社です。同社が物件の管理も行い、利用者の負担を最小限に抑えるようにしているのが特徴です。サラリーマンでも仕事と両立できるようにと、サポートしてくれます。

ランドネットのおすすめの理由を詳しく

AZEST

首都圏のマンション経営に力を入れている不動産会社。エンターテインメント性を追求した高性能マンションを企画・設計・販売してくれるのが特徴です。資産価値を長期的に保つことを主眼に、利用者を総合的にサポートしてくれます。管理業務も行ってくれるのが魅力です。

AZESTのおすすめの理由を詳しく

三菱UFG

三菱UFJ不動産販売は、大手企業をバックボーンに持つこともあり、大きなお金を任せるのに安心してお願いできるでしょう。また、瑕疵保証サービスや土地測量サービスなど行っており、売主が不動産を売却しやすいよう工夫してくれています。

三菱UFGのおすすめの理由を詳しく

コスモリクエスト

コスモリクエストはワンルームマンション販売に強みを持つ不動産会社です。創業から29年経つ会社ですが、現在の方針は「東京都心、その中でも10区に絞り、駅徒歩10分以内の物件を提案する」となっています。これは、今後人口減少が進む日本において、東京都は人口減少が緩やかというデータに基づいたもの。よい物件に巡り合うことができれば、安心して投資を始められると言えるでしょう。

コスモリクエストのおすすめの理由を詳しく

株式会社不動トレード

不動トレードは東京都内(中央区・台東区・江東区・墨田区・江戸川区)を中心に賃貸や売買、管理、投資用収益物件の紹介や土地活用の提案を行っています。また、都心の築浅物件の収益物件をメインに取り扱っているのが特徴です。

その他にも、賃貸管理にも取り組んでおり、地主の問題を解決する「地主なんでも解決110番」というサービスを展開しています。

株式会社不動トレードのおすすめの理由を詳しく

株式会社トラスト

株式会社トラストは複数の金融機関と提携による強みを活かしている投資専門の会社です。フルローンの融資を含めたさまざまな不動産投資プランを提案しています。

ATTO!(不動産投資コンサルティング)、ZUTTO!(不動産賃貸管理)、PATTO!(リノベーション企画)といったサービスを軸にサポートしてくれます。

株式会社トラストのおすすめの理由を詳しく

プロパティエージェント

「お客様を第1に考えたサポート体制」が魅力のプロパティエージェント。サポート体制がいかに充実しているからは、満足度調査で上位になっていることからも分かります。また東京証券取引所一部に上場していることも、会社としての信頼して任せられる証のひとつ。この記事では、プロパティエージェントが提供しているサービスや、どのような評判があるのか分かりやすく解説します。

プロパティエージェントのおすすめの理由を詳しく

ブリッジ・シー・エステート

不動産会社としてだけでなく、資産運用のトータルサポートができる会社として魅力があるブリッジ・シー・エステート。数多くのセミナーを開催しており、初心者でも不動産投資を始めやすいのも魅力です。物件を販売して終わりではなく、トータルで効果的な資産運用方法を相談しやすいのが特徴の会社です。どのような評判があるのかを見ていきます。

ブリッジ・シー・エステートのおすすめの理由を詳しく

RENOSY

物件購入からアフターケアまで、不動産投資のプロセスをワンストップで行っています。ビッグデータを活用することで、ただ単に利回りや性能の高い物件だけでなく、立地条件や周辺環境などのさまざまな条件を加味して物件を探してくれます。また、物件購入後は専用のアプリを用いることで、スマホ1つで新着情報や契約書類の閲覧が可能となっています。

RENOSYのおすすめの理由を詳しく

青山メインランド

資産運用型マンション事業から開発事業・流通事業まで幅広く不動産事業を行っています。居住用マンションは完成してから販売しているので、物件探しの際には実物を見ることができ、物件の魅力をより実感を持って把握できるでしょう。また、投資用マンション経営に関するセミナーを開催しているので、マンション経営に関するさまざまな情報を得られます。

青山メインランドのおすすめの理由を詳しく

木下不動産

都市型マンション経営を中心に業務を展開している木下不動産。物件オーナーと入居者の間に「木下の賃貸」が介入することで空室保証や物件の管理を行ってくれます。これによって、物件オーナーは空室期間でも毎月一定の家賃収入を確保が可能です。さらに、住宅設備機器にも10年間の保証があり、保証期間内なら工費ゼロ、回数無制限で工事ができるので、設備を長期間安全な状態に保てるのです。

木下不動産のおすすめの理由を詳しく

明和地所

「半投半住」という新しいコンセプトの不動産投資を勧めています。従来はマンション購入といえば一生の買い物というイメージでしたが、明和地所ではマンション購入の際に賃貸や交換、買い替えといった選択肢を意識しておく考えを提示。これによって、マンションという物件をより上手に資産として運用できるようになるのです。

明和地所のおすすめの理由を詳しく

大介

高い管理物件入居率が特徴の会社です。その高い入居率は、高い人材力によって支えられています。物件のメリットはもちろんのことデメリットも隠さず伝える実直な姿勢と明るく誠実な接客態度で、高い人気を集めているのです。また、入居者募集から家賃の集金・管理までを代行する集金管理システムがあるので、オーナーの管理業務の負担を大幅に軽減することができます。

大介のおすすめの理由を詳しく

ヴェリタス・インベストメント

公式サイトにてマンション経営についての情報をわかりやすく解説しており、初心者でもマンション経営をスタートしやすい環境を提供。また、公式サイトでは、利用者の96%が一般的な企業に務めているサラリーマンであることや、景気の影響を受けにくい、生命保険の代わりとして使えるといったマンション経営のメリットなどもわかりやすく解説。初心者のマンション経営スタートへのハードルを下げてくれる会社だといえるでしょう。

ヴェリタス・インベストメントのおすすめの理由を詳しく

業者選びの10つのポイント

ワンルームマンション投資という大きな買い物をする前に、評判がよく信頼できる業者に依頼したいものです。ここでは、不動産投資を成功させるために信頼できる業者を見つけるための10つのポイントをご紹介します。

1.口コミ情報を確認する

最初にチェックしておきたいのは、どの不動産業者に関して、どのような評判や口コミがあるのかという点です。公式ホームページで良いように書かれた情報が載せられていても、口コミの評判があまり良くなければ信用しにくいものです。

ネット上を検索して、良い口コミ情報があるのは、購入した不動産に満足できること、またしっかりとしたアフターフォローがあるからだと考えられます。自分が検討している不動産会社を検索してみたり、会社の評判が載せられているサイトを比較してみたり、どのような評価・評判を集めている会社なのかチェックできるでしょう。

他にも、打ち合わせをしているときに、どれほどリピーターがいるのかも聞いてみるのも一つの手です。リピーターが多いということは、良い評価をしている人が多いということでもあります。直接口コミ情報が見つけられなくても、リピーターが多い不動産会社なら満足している人が多いと考えられるでしょう。

2.個人に合わせた物件を紹介してくれるか

個人に合わせた物件を紹介してくれるのかも、業者を選ぶときのポイントとなります。具体的には、顧客の年齢や年収、さらにはどれほどの貯金があるかを総合して考慮し、向いている物件を紹介してくれるのかです。

自分の年収とかけ離れた物件を紹介してくるようでは、自社の利益のみを考えている可能性も否定できません。購入する顧客が不動産投資からリターンを得られているのかを考えて物件を紹介してくれるなら、信頼できる業者だと考えられます。

また、利用者の状況もよく聞かないまま、色々な物件を紹介してくる業者にも注意が必要です。購入した後で、継続的な運用がままならないといったことになりかねないからです。そのため、投資をする前に顧客目線で物件選びをしてくれるのかも重要なのです。不動産屋に話を聞きに行った際には、すぐに購入するのではなく、一度紹介された物件を客観的に見直すことで、良い不動産業者を選ぶうえで大切になります。

3.将来性のある物件が含まれているか

不動産投資は、長期間に渡って管理・維持していくものです。そのため、時代の時々によって状況が変わります。例えば、現在は空き室が少ないが今後、エリアの発展を見据えると入居者付けが難しくなる可能性がる物件も存在するのです。このように、今現在の物件状況だけを見ても、将来どうなるかは分かりません。その中で、現在のメリットだけを力説してくるなら、本当に将来性のある物件なのか判断が難しくなります。空室が出にくい状況なのか、また空室が出たときに入居者付けはしやすいのか、などと複数の側面から考慮した物件がおすすめです。

不動産投資におけるリスクや失敗した例などを含めて、将来性のある物件なのかを判断してくれるならメリットとデメリットをよく比較できるので良いでしょう。不動産会社が選ぶ際には、どれほど将来性がある物件なのかを判断しやすい情報を提供してくれるかを考慮しましょう。

4.物件購入後のサポート体制が充実しているか

不動産投資の場合には、物件を購入して終わりではなく、購入後にどのように運用していくのかがポイントとなります。多くの場合に、物件を購入すると、そのまま管理や入居者募集などを同じ不動産会社に依頼するからです。そのため、物件購入後のサポートが充実しているかも確認しましょう。

チェックのポイントとしては、定期的に物件の清掃をしたり、入居者募集を徹底したりしているかを見ておきます。物件の管理やメンテナンス、そしてオーナーとの連携が行われている不動産会社ならば、しっかりと入居者を確保することができ、不動産投資の成功率を上がるといえるからです。

逆に、間違った業者に依頼すると、賃貸物件の価値が下がることになったり、入居者付けに苦労することになったりしかねません。もちろんこれらは、不動産投資の利益を圧迫するので、物件購入後のサポート体制の充実度も大切なのです。

5.セミナーなどを定期的に開催しているか

セミナーを積極的に開催している業者も良いと言えるでしょう。不動産投資で失敗してしまう要因の1つに、「十分な知識がないのに物件を購入する」ことが挙げられます。不動産投資という大きな買い物をする前には、十分な知識を取り入れたいものです。

もし不動産会社が無料相談会やセミナーを開催しているなら、今知っておきたい知識を取り入れることができます。さらに不安な点があるなら、相談会やセミナーの際に質問しておくこともできるでしょう。問に思っている点があるならば、セミナーを通して、解消していきましょう。具体的に教えてもらえる環境がある不動産会社を選ぶなら、不動産知識を蓄えるだけでなく、実際の投資に活かすことができます。

6.物件のエリアは首都圏に集中しているか

都心では人口増加が顕著になっています。首都圏に物件を持っていることで、入居者の母数が増え、空き室が出にくくなると期待できるのです。そのため、不動産業者を選ぶ際には、都心部に物件を持っているかを確認しておきましょう。

不動産会社には、自社が得意としているエリアや不得意なエリアというものがあります。そこで、不動産会社が所有しているエリアが、首都圏の入居者が集めやすいエリアなのかをチェックします。不動産業者がたくさん物件を所有しているかだけでなく、どのエリアなのかも見ておきと、将来に渡って不動産投資からリターンを得ることができるでしょう。

首都圏に多く物件がある業者であれば、不動産の特徴や首都圏で不動産投資をする上で参考になる情報を持っていることでしょう。良いアドバイスをしてくれる業者ほど、不動産投資を成功にも近づけますので、よく注意して業者が所有している物件を見ておきましょう。

7.賃貸管理も行っているか

不動産投資をするだけでなく、賃貸管理をしているかも不動産投資会社を選ぶ際のポイントです。というのも、不動産を購入すると、そのまま賃貸管理まで依頼するケースが多いためです。他の管理会社と契約を結ぶと、不動産業者としてもメリットが少なくなるので、十分な入居者付けを行ってくれなくなることも考えられます。

入居状況に関係ない契約方式をしているならば、その点は顕著に表れるでしょう。しかし、販売会社と管理会社が同じの場合には、顧客満足度がそのまま不動産会社の売り上げにも影響するので、対応の質はおのずと高くなることが期待できます。物件のオーナーと販売会社のどちらも満足するためにも、管理業務も行っている業者を選ぶことがおすすめです。

8.入居者の募集を得意としているか

不動産投資における最大のリスクは、空室が発生することです。空室が発生すると、その分の賃料が発生しません。投資の収益とならないだけでなく融資の返済にも影響するため、入居付けが得意な業者を選びが重要です。

万が一空室が発生した場合でも、積極的に入居者の募集をして、入居付けができる業者ならば、マンション投資のリスクを抑えられるでしょう。すぐに入居者が決まれば、その分融資の返済もスムーズになりますし、安心して不動産投資が可能になります。

自分自身で入居者の募集をしようにも、どのようにすれば良いのか一から学ぶには時間・コストがかかるものです。物件を購入する前に、他の不動産投資用マンションの購入者の実績などを調べ、広告や不動産サイトなどに投稿しているかのチェックをおすすめします。

9.スタッフの対応が良く信頼できるか

物件購入後のサポート対応も大切ですが、スタッフの対応に満足できるかも大切です。マンションを一度購入すると、20年や30年と運営していくことが続きます。その中で、問題が発生することもあるでしょう。そこで大切になるのは、会社のスタッフと協力していけるのかという点です。会社のスタッフの誠意がないのであれば、付き合い方も難しくなるため、スタッフの対応に満足できることが主なポイントになります。

また、不動産投資に成功したとしても、担当者に満足できないなら、ストレスも発生するものです。そこで、スタッフの担当者の対応がどうなのかをチェックしておきます。もし担当者の対応に満足できないなら、担当者の変更をお願いしてみましょう。不動産に強いだけでなく、自分との相性という面も確認しておきましょう。

10.家賃保証などのサービスがあるか

マンション投資で1番のリスクである空室が発生した場合には、リスク回避のサービスが助けになります。家賃や滞納保証サービスがオーナーに必要なサービスです。家賃や滞納保証をしている会社は多いのですが、保証期間が異なります。空室保証があれば、業者が一定期間家賃を保証してくれます。他にも、滞納保証では家賃の滞納があった場合に、業者が一定期間立替払いしてくれます。

家賃や滞納保証をしている会社は多いのですが、保証期間が異なるため、どのくらいの期間保証してくれるのか確認し、保証期間が長い会社を選ぶ良いでしょう。

             

ワンルームマンション投資の事例