物件選びのポイント

投資物件としてワンルームマンションを探すときにチェックしたいポイントをまとめました。

投資物件選びの決め手にしたいポイントをチェック!

不動産投資の成功は、最初の物件選びにかかっています。優良物件を選ぶことができれば、長期間安定した収入を得られますが、失敗すれば収益が小さくなったり、あるいは利益がなくなる可能性もあります。

そこで、ここでは優良物件を見つけるためのポイントをご紹介していきます。失敗のない物件選びのために、ぜひ参考にしてみてください。

絶対外せないのは立地と価格

物件選びのときにチェックできるポイントはたくさんあります。その中でも妥協してはいけないのがこの立地と価格なのです。

部屋の内装や間取り、設備などは、リノベーションなどで後から手を加えることが可能です。しかし、立地と購入価格は後から変えることができません。しかも、この2つが収益を決める大きなポイントになります。

立地が悪ければ借り手がつきにくく、常に空室リスクに悩まされることになります。また、購入価格が高ければ利回りが悪く、投資を回収するのに時間がかかってしまいます。

新耐震基準を満たした物件を選ぶ

1981年に、新しい耐震基準が定められました。新耐震基準は震度6強の地震でも倒壊しないという基準で、実際に阪神大震災でも新耐震基準を満たした建物の倒壊はまったくありませんでした。

あまり購入しようと考える人もいないとは思いますが、1981年以前の旧耐震基準の建物は避けるようにしましょう。

総戸数の多いマンションを選ぶ

マンションを購入した場合、必ず修繕積立金というものが発生します。外壁塗装や排水管工事などに使うために、各戸のオーナーが積み立てを義務付けられるものです。

総戸数の少ないマンションの場合、工事費用を負担する人数が少ないため、1オーナーあたりの負担金が大きくなります。修繕積立金が大きくなると利回りが悪化するので、総戸数が多く積立金の負担が小さいマンションを選ぶのがポイント。

ただし、極端に安いマンションにも注意が必要。将来的に値上がりする可能性があります。

ワンルームマンションに住む人の目線で選ぶ

投資用物件選びは、「自分が住みたいかどうか」を基準にしてはいけません。ワンルームマンションに住む人がどんな人か考えて、その人の目線から物件選びをしましょう。

ワンルームマンションに住むのは、独身で会社勤め、あるいは学生などが多いと考えられます。緑が多い、公園がある、小中学校が近い、といった条件はワンルームマンションでは考えなくていいポイント。

それよりも、駅から徒歩10分以内であったり、ターミナル駅への利便性がいいことや、スーパーやドラッグストアが近いといったところが大切になります。

業者の美辞麗句に惑わされず、住む人の目線を想像しながら物件を選ぶようにしましょう。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧