出口戦略(売却戦略)について

マンション投資は、購入の時点で売却の計画を立てることが重要。投資マンションの売却にあたる、「出口戦略」について解説しています。

マンション投資のゴール、「出口戦略」とは?

マンション投資は、一度購入した物件をずっと持ち続けるのが正解というわけではありません。常にリスクと収益のバランスを見て、リスクが大きいと判断すれば入居者がいても投資物件を売却することがあります。

この投資物件の売却に向けた戦略を、よく「出口戦略」と言います。売却は不動産投資のゴールや終わりにあたるのでこう呼ばれます。

出口戦略をとる理由

「所有する物件に入居者がいるなら、家賃収入もあるし、手放す必要はないのでは?」と考える方は多いと思います。そう考えるのはごもっとも。しかし、その入居者はこれからもずっと同じ物件に住むでしょうか?いえ、いつかは退去することになります。その後、新しい入居者がすぐに現れるという保証はありません。

たとえば、以下のような例が考えられるでしょう。

  • マンションの築年数が経過し、入居者が集まりにくくなった
  • 周辺の同等の物件の賃料が下がり、自分が所有する物件も賃料を下げざるを得ない
  • よりリスクの少ない物件が見つかったので、そちらを所有したい
  • 修繕のタイミングが近づいているが、修繕コストを回収するには時間がかかる

マンションを所有している限り、何らかのリスクは必ず存在します。リスクが大きくなったと判断した段階で、売却によって利益を確保するという出口戦略が必要になるのです。

購入時に出口戦略をしっかりと立てる

物件の売却は、購入と同じくらい重要なもの。売却のタイミングを誤り、本来の評価額よりも安く売却しなければならなくなったりしたら、これまでの投資による利益を損なう可能性もあります。

先に売却の見通しを立てておけば、価値が下がってしまう前に良い値段で売却できる可能性が高くなります。物件の付加価値を維持し、入居者が絶えないような価値の高い状態で売却できれば、投資は成功です。

中古マンションの投資なら、買値と変わらないような値段で売却できることもあります。買値と売値に差がなければ、家賃収入がそのまま投資益として手に入ったことになります。

もちろん、それは投資が非常にうまくいった場合の例です。しかし、できるだけ高値で売却するための戦略を購入時に立て、より計画的なマンション投資をすることが投資成功の大切なポイントです。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧