ワンルームマンション投資ガイド HOME » ゼロから学ぶワンルームマンション投資 » ワンルームマンション投資のリスクは怖い?

ワンルームマンション投資のリスクは怖い?

「ワンルームマンション投資を始めたい!」と考えてはいても、リスクについて考えると、やはりそこで二の足を踏んでしまう方は多いようです。

確かに、住宅ローンを利用してワンルームマンションを購入したにも関わらず、収入が得られずにローンの支払いだけが残ってしまったら…と考えると、やはり怖いものです。

それよりは、全くリスクがない定期預金などで今の貯蓄を増やした方が安全だ、と考えるのは無理もありません。ですが、本当にワンルームマンション投資はリスキーで怖いものなのでしょうか?

優良な投資会社を味方につける

ワンルームマンション投資でリスクが発生するということは、投資会社との連携がうまくいっていない場合がほとんどです。つまり、投資会社とのタッグがうまく組めていれば、ワンルームマンション投資は怖いものではありません。

むしろ、株式や債権などの投資方法と比較すれば、ワンルームマンション投資のリスクはほとんど存在しないも同然。

ですが、他の投資方法と比較してどれだけリスクが軽減できるかということは、投資会社選びにかかっていると言っても過言ではありません。

リスクとその対処法

それでは、ワンルームマンション投資には、具体的にどのようなリスクが存在するのでしょうか。こちらでは、代表的なリスクと、それに対応するための対処法も併せてご紹介します。

入居者が決まらない「空室リスク」

ワンルームマンション投資の代表的なリスクです。入居者が決まらなければ収入がゼロになるため、住宅ローンや物件の維持費、修繕積立金の支払いのみがのしかかってきます。

東京23区内であればまだしも、地方の物件となれば空室リスクはかなり高まるでしょう。

空室リスクへの対処法

空室リスクは入居者募集がうまく機能していないことが原因です。

空室が出たらすぐに入居者を募集してくれる。そのような、フットワークが軽くて熱心な投資会社を選択しましょう。

築年数経過による「収益減のリスク」

不動産は使わなくても劣化してくるものです。築何十年にもなれば物件としての魅力を維持するため、様々な部分を修理しなければなりません。

さらに、入居者にとっては新しくて綺麗な物件の方が魅力的なので、空室リスクに晒されやすくなり、家賃の値下げを余儀なくされることもあるでしょう。

収益減のリスクへの対処法

適切なメンテナンスが行われていれば、物件の老朽化の速度は確実に遅くなります。

自社の商品に対して気の利く投資会社であれば、管理会社へメンテナンスについて掛け合ってくれることもあるでしょう。

家賃が支払われない「家賃滞納リスク」

入居者が住んでいたとしても、家賃を支払ってもらわなければ投資家の収入にはなりません。

そのため、家賃滞納は大きなリスクですが、滞納している家賃があるからと言って入居者を追い出すことも不可能です。

家賃滞納リスクへの対処法

長期的な家賃滞納を防ぐためには、滞納が発生した時にすぐに対応することがポイントです。

滞納された家賃を督促するのは管理会社の業務ですが、優良な投資会社であればサポートで家賃の督促を行なってくれるところもあるため、家賃滞納リスクは大幅に減少します。

良い投資会社を見つけることが成功の秘訣

ワンルームマンション投資のリスクを軽減させるためには、良い投資会社を選択することが一番の鍵です。

ただ投資用不動産を営業してくるだけではなく、購入後のサポート体制が充実している投資会社を選択すれば、ご紹介したようなリスクは避けることができます。

ワンルームマンション投資は、優良な投資会社を選択すれば全く怖いものではありません。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧