ワンルームマンション投資の利点

ワンルームマンション投資をはじめることのメリットをご紹介しています。

ワンルームマンション投資のメリットとは?

株式投資、FX、債券など、投資先にはいろいろな選択肢があります。資産運用の重要性が注目されるようになり、これらの投資も話題にのぼることが多くなりました。

その中でも、注目したいのがワンルームマンション投資。手堅く、長期的に安定収入が得られるワンルームマンション投資は、これからの自分で資産を運用する時代の重要な選択肢になります。

長期的に収益を上げ続けることができる

ワンルームマンション投資の最大のメリットは、安定した収益を長期的に上げることが可能だという点。

ワンルームマンションの手取り利回りは、一般的には5~6%と言われています。10%以上の利回りの可能性がある株式やFXに比べると、魅力に欠けるように思えます。

しかし、株やFXは一気に巨額の損を被るリスクもあります。ハイリスクハイリターンの投資は、長期的な資産運用の投資先には向きません。じっくりと確実に資産を増やすためには、リスクを抑えながらしっかりと利回りが確保できることが重要なのです。

大損をするリスクが少ない

株は、一気にその価値が半分、あるいはそれ以下になる可能性があります。しかし、マンションの家賃が半分になることはありません。マンションの価値も突然下がることはありません。その点で、大損をするリスクを回避できるのが強み。

空室になりにくいエリアの物件を選び、入居者募集を得意とする管理会社を選べば、空室リスクに対応することができます。また株やFXよりもリスクが予想しやすいため、手堅い投資計画を立てやすくなります。

長期にわたって安定した収益を得たい方にとって、ワンルームマンション投資は最適な選択肢のひとつと言えます。

万が一の保険にもなる

不動産は、購入するときに団体信用生命保険に加入します。これは、購入者に万が一のことがあった場合にローンの残債を保険で相殺できるというもの。

これがあれば、万が一のときにも家族に収益物件を残すことができ、生命保険の代わりになります。これは株やFXなどの投資にはないメリットです。

少額資金から始めることができる

マンション投資には、ワンルーム投資と一棟アパート投資の2種類があります。

ワンルームマンション投資のほうが投資に必要な額が小さく、リスクを抑えることができます。1室だけの投資の場合は、たしかに空室時に収入がなくなるというデメリットはあります。しかし、ワンルームマンション投資は複数物件をもつことが普通なので、いくつかの物件に投資することでリスクを回避することができます。空室保証を利用すれば、空室時も一定の収入を得ることができます。

しかも分譲マンションをアパートと比較すると、オートロックや防犯カメラなどの対策が整っており、火災や地震に対しても強く、災害や犯罪リスクが少ないというメリットもあります。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧