ファミリーマンションとの違い

ワンルームマンションとファミリータイプマンションとでは、どちらがマンション投資として有利なのか。各タイップのメリットやデメリットを見ながら紹介していきます。

ワンルームマンションの特徴

ファミリータイプマンションと比べたとき、ワンルームマンションにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

対ファミリータイプのワンルームマンションのメリットとしてあげられるのは、一部屋あたりの床面積が狭くなるため、表面利回りが高いという点でしょう。表面利回りの高さ=収益物件というわけではありませんが、収益率が高い物件が多いのも事実。

部屋を分割できることで、空室リスクも抑えられます。もちろん、購入価格が安いという点も大きな魅力です。

ワンルームのほうがファミリータイプより家賃は安いため入居者が見つかりやすい、面積が狭いので退去時のクリーニングや修繕費も安く済む、という管理面の優位性もワンルームの強みでしょう。

一方、ファミリータイプと比べたときのワンルームマンションのデメリットとなるのが、家賃の安さ。これは入居者が集まりやすいメリットでもあるのですが、収入面からするとマイナス。いわば、もろ刃の剣でもあるのです。

家賃が安いぶん、ファミリータイプよりも収益性が劣り、より高い収益を求めるのなら複数の物件を運用するなどの対策が必要だといえます。

賃料が安いことや単身者・若者が入居者に多いため、ファミリータイプよりもトラブルが多い傾向にあるのもデメリットかもしれません。1つの建物により多くの住人が暮らしているわけですから、騒音トラブルやゴミ出しトラブルなどは要注意。壁の薄い物件は敬遠したほうがいい場合もあります。

ファミリータイプの特徴

では、ワンルームマンションと比較したときの、ファミリータイプマンションのメリット、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

ファミリータイプのメリットとしては、家賃が高いため高い収益をえることが可能なことです。入居者の年齢層も高く、職業的にも経済的にも安定していることが多いので、家賃滞納などのトラブルが少ないこともファミリータイプの特徴だといえます。

それから、定住率の高さもファミリータイプならではのメリット。単身者メインのワンルームは出入りも激しく、空室のリスクが常につきまといます。対してファミリータイプは、一度入居すると長期間定住してくれるので、安定したマンション運営が可能です。

ファミリータイプのデメリットとしては、ワンルームよりも物件価格が高いため購入コストも高い点が挙げられるでしょう。ランニングコストや修繕費用についても、床面積が広いぶん、割り高で、その点も鑑みてキャッシュフローを考える必要があります。

ファミリー世帯向けで家賃が高いため敷金・礼金などの初期費用が高騰してしまい、一度空室になると次に入居者が決まるまでの期間が長くなってしまうというリスクも見逃せません。ファミリー世帯は定住率が高い半面、流動性が少なく、魅力の少ない物件だとなかなか埋まらないこともあるのです。

基本的には「大人」な人たちが住人なのでトラブルは少ないものの、小さい子どもがいる世帯だと騒音トラブルに悩まされることもあります。

どちらがおすすめ?

こうして見るとおわかりいただけるように、ワンルームマンションのメリットはファミリータイプのデメリットであり、逆にファミリータイプのメリットはワンルームマンションのデメリットであることが多いことが理解できるのではないでしょうか。

結果的にどちらがおすすめなのかというと、それは投資の目的・ニーズによります。

たとえば、マンション投資ビギナーや経験が浅く不慣れな人、不動産知識があまりない人にはワンルームマンションへの投資がおすすめ。

ワンルームマンションなら低資金ではじめられるうえ、運用失敗のリスクが低く、無理せず投資で副収入を得るには最適です。万一、手放したくなってもワンルームなら流動性が高いので比較的早く売却できて、現金化が可能であるという安心感もあります。

一方、すでに複数の物件を運営している人や、バリバリ不動産投資で収益をあげていきたい人には、ファミリータイプがおすすめです。

家賃単価が高いのでまとまった収入が期待できますし、うまく高利回りでキャッシュフローの確かな物件を手に入れることができればそれを原資にあらたな投資にまわすこともできます。

いずれにしても、まずは自分がどのような目的でマンション投資をするのかを明確にしたうえで選択することが大切です。物件選びに自信のない場合は、信頼できるマンション投資会社に相談するといいでしょう。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧