HOME » ゼロから学ぶワンルームマンション投資 » 気を付けたい失敗例

気を付けたい失敗例

ワンルームマンション投資をするなら知っておきたい、避けるべき失敗例をご紹介しています。

失敗例から学ぶ、ワンルームマンション投資の注意点

ワンルームマンション投資は、リスクが小さく安定しているのが魅力のひとつ。物件選びのポイントを押さえていれば、成功の可能性は高くなります。

しかし、投資に失敗した例ももちろんあります。ワンルームマンション投資を始める前に、その事例から失敗の原因や私たちが避けたいことを学んでおきましょう。

失敗事例1:資産価値の下落を読み切れず、毎月の収支は赤字に

ローンで購入した新築マンション。家賃収入だけでは赤字でしたが、節税効果があったので全体的には黒字となっていました。

しかし、数年すると節税効果が薄れ、毎月の収支は赤字に。生命保険も兼ねているので多少の赤字でも問題はなかったのですが、持ち出しが嫌で売却を検討。ところが、新築時より購入価格は500万円もダウンしてしまい、残債を支払いきれないため売却も断念。繰り上げ返済を余儀なくされてしまいました。

物件価格の変遷を綿密にシミュレーションしておく

新築マンションは、中古マンションと違って最初に購入された時点で価値が大きく下がります。また、販売価格には広告宣伝費が大きく載せてあるので、どうしても売却時の価格は下がってしまいます。

もちろん新築マンションにはメリットもあるので、新築がダメだというわけではありません。しかし、売却価格の下落を含めた出口戦略や、節税効果のシミュレーションをしっかり行い、収益の出る投資を行うべきです。

失敗事例2:地方でのマンション経営の失敗

大手メーカーの工場近くにあるマンションで不動産投資をスタート。工場に勤める独身層が多いため、入居率も安定して高かったのは最初の数年。

不景気によってメーカーが撤退してしまったことで、借り手が一気につかなくなってしまいました。工場のほかには人が集まるものがなく、駅からも遠いため、長期的に空室が続いてしまうようになりました。

特定の需要に頼るのは危険!

工場やオフィス、大学などの需要だけに頼った物件選びは、その需要がなくなったときに一気に投資が失敗になる恐れがあるので注意が必要です。

その需要だけに頼るのでなく、駅近だったり、間取りや設備がいいなど、借り手にアピールする要素のある物件を選びましょう。

失敗事例3:高利回り物件での失敗

ターミナル駅へ出やすく、駅からも徒歩5分と恵まれた立地にも関わらず、想定利回りは15%という高利回りの物件を見つけて、現物を見ずに購入を決意。

しかし地方都市だったこともあり、半年ほどして退去者が続出。その後に設備故障があり、1,000万円の修繕費が発生してしまいました。空室期間が長引いたため、損失覚悟で売却をすることになりました。

高利回りはハイリスク!

不動産投資には、極端なお買い得物件はないと思って差し支えありません。想定利回り15%という物件は、間違いなく何らかの大きなリスクがあります。

特に地方都市は物件価格が安く、利回りがいいように見えます。しかし東京や大都市圏とは違い、一度退去者が出ると次の入居者が見つかるまで非常に時間がかかります。高利回り物件には絶対何らかのリスクがありますから、避けておくのが賢明です。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧