HOME » ゼロから学ぶワンルームマンション投資 » 覚えておきたい空室対策

覚えておきたい空室対策

投資したマンションの入居率を高め、空室をなくすための対策のポイントを解説しています。

マンション投資の安定収益には欠かせない、空室対策のポイント

家賃という形で、毎月一定の収入を得ることができるマンション投資。その収益の安定性は、ほかの投資先と比べて優れている点のひとつです。リスクを抑え、長期的に収益を得るには最適です。

そんなマンション投資にも、リスクがまったくないわけではありません。投資したマンションに入居者がいなければ、その間そのマンションからの収入はなくなります。ですから、マンション投資のリスク管理の最大のポイントは空室対策だと言えます。

ここでは、マンション投資をお考えの方に、空室を防ぎ入居率を高めるための対策のポイントをお伝えします。

空室対策その1:立地のいい物件を選ぶ

人気があって空室の出にくいマンションは、とにかく立地がよいものが多いようです。駅から近くターミナル駅に出やすいものや、学校から近く学生からの人気を集めやすい物件を選ぶようにしましょう。

もちろん、そういった物件は価格が高くなります。しかし、空室率が低く安定した収益が得られるという意味では投資効率が良くなると考えられます。

空室対策その2:人気のある間取りや設備の物件を選ぶ

間取りや設備で選ばれやすい物件を選ぶことも大切です。

たとえば、にぎやかで繁華街に近いエリアなら、ファミリー向けの物件よりも若者向けの1R、1Kなどが選ばれやすくなります。ベッドタウンなら、ファミリー向けの3LDKなどのマンションのニーズが高いでしょう。

また、収納の多さや水回りの設備の良さなども物件選びのポイントになります。人気のある間取りや設備をチェックして、物件選びの基準にしましょう。

空室対策3:集客力の高い仲介業者に入居者募集を依頼する

空室ができてしまったら、できるだけ早く入居者を見つけることが必要です。そのためには、すぐに入居者が見つかる業者に依頼をしましょう。

宣伝媒体を多く持ち、地域で信頼されている業者を選べば、入居者が退去を決めても引っ越しまでの間に次の入居者を見つけることができます。インターネットで地域の賃貸物件検索をして、検索上位に表示されたり、広告を出していたりする業者を選びましょう。

空室対策その4:サービスをする

空室が長くなると、募集賃料を下げてみたくなります。しかし、いったん賃料を下げるともとに戻すのは難しいものです。

そこで考えたいのが、賃料1か月分無料や礼金ゼロといったサービス。一見損に見えますが、賃料を維持しながら借り手にお買い得感をアピールできるというメリットがあります。安易に賃料を下げるのでなく、ほかの方法で入居者募集のアピールをしましょう。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧