管理方法について

投資マンションを購入した場合、どのように物件管理をしたらいいのでしょうか。マンション管理の方法についてまとめています。

投資マンションの管理はどうやってする?

マンションの投資は、物件を購入すればあとは勝手にお金が入ってくる…というわけではありません。購入した投資マンションは、管理が必要です。

ここでは、購入した投資マンションの管理について解説していきます。

マンションの管理業務の内容

まずは、マンション管理にはどのような内容が含まれるのか知っておきましょう。

  • 入居者の募集・審査
  • 契約
  • 家賃の集金、催促
  • クレームへの対応、仲裁
  • 清掃、防犯
  • エレベーターなどの保守点検
  • 契約更新
  • 解約

…などなど、さまざまな業務が含まれます。また、築年数がある程度経ったあとは、外壁や水道管、屋上の防水補修などの大規模な修繕が必要になります。

ワンルームマンション投資の場合は、マンションの大規模修繕や共用設備の清掃などは行いません。ただし、物件のクリーニングやリフォームといった管理は必要です。

実際には管理業務は不要!

とはいえ、マンション投資においてはほとんどの場合、オーナーが管理業務を行うことはほとんどありません。管理会社に業務を任せてしまうことが多いので、手がかかることは基本的にはないと考えて差し支えありません。

マンション投資が副業として人気があるのは、管理などの日常の手間がないため。生活を変えずに副業や投資ができるのは大きな魅力です。

修繕積立金を使った修繕も、素人である私たちではなかなか難しいもの。これも管理会社が基本的には行ってくれるので安心です。水回りやエアコンの故障は賃貸にありがちですが、その修理も心配ありません。

大切なのは、信頼できる管理業者を選ぶこと。日々のメンテナンスはもちろんのこと、入居者募集や空室対策もしっかりやってくれる管理会社なら、空室リスクを抑えることもできます。優秀な管理会社を選び、管理を一任しましょう。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧