ワンルームマンション投資ガイド HOME » ゼロから学ぶワンルームマンション投資

ゼロから学ぶワンルームマンション投資

ワンルームマンション投資をゼロから始めたい方のための、投資に関する基礎知識のまとめを掲載しています。

未経験でも大丈夫!ゼロから始めるワンルームマンション投資

円の価値が下がり、物価が上昇し始める一方で、賃金の上昇が望めない日本経済。その中で将来の安定した暮らしを得るためには、現金での貯金ではなく投資が必要だと言われるようになりました。

これをきっかけに投資を始める方も多いと思います。そんな方にオススメしたいのが、ワンルームマンション。投資経験がない方でも始められる上に、忙しい方でも日々の生活を変えずに投資に取り組むことができます。

ここでは、そんなワンルームマンション投資初心者の方のために、基本的な知識をまとめてみました。ワンルームマンション投資のメリットから、どのように運用するのか、投資のゴールはどこにあるのかなど、気になるトピックスを集めてあります。ぜひ参考にしてみてください。

ワンルームマンション投資の利点

ワンルームマンション投資の利点は、ほかの投資に比べて手堅く、長期的に安定した収入を得ることができる点。大きく利益を出すことはできませんが、長く安定した収益が出やすいので、私的年金づくりにも向いています。

リスクが少ないうえに、生命保険の代わりにもなるので、投資を始めるならワンルームマンション投資がおすすめです。

ワンルームマンション投資の利点

中古と新築の違い

マンション投資には、中古物件で始めるケースと新築マンションを購入するケースの2種類があります。これらはそれぞれメリットとデメリットがあり、自己資金の割合や投資スタイルによってどちらを選ぶかは変わります。

新築マンションは価格が高い分、ローン借入の割合を大きくして少ない自己資金で物件を購入することができます。もちろん新しい建物なので、中古よりも長期間家賃を維持できるという強みがあります。

中古マンションは、価格が安く利回りがいいのがメリット。立地のいい物件が見つけやすいという利点もあります。

中古と新築の違い

物件選びのポイント

投資の成功は、物件選びにすべてがかかっている、といっても過言ではありません。優良物件さえ得ることができれば、管理会社に管理を依頼するだけで家賃収入を得ることができます。

ここでは、優良物件を見つけるためにチェックしたいポイントを解説。立地、価格、耐震基準など、物件選びの最重要ポイントをチェックしましょう。

物件選びのポイント

覚えておきたい空室対策

ワンルームマンション投資のリスクとして考えられるのが、空室になってしまう可能性。入居者がいなければ、家賃収入もなくなってしまいます。

ここでは、空室の出にくい物件の選び方や、入居者が見つからない場合の戦略をご紹介しています。優良物件や優秀な管理会社が入っている物件は、空室が出てもすぐに次の入居者が決まるものです。

覚えておきたい空室対策

出口戦略

マンション投資のゴールは、物件を売却して利益を確保すること。そのため、売却を見据えた投資計画を「出口戦略」と呼びます。

家賃収入があるなら手放す必要はないのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、物件を持ち続けることでリスクが増すことがあります。出口戦略をどのように考えたらいいのか、解説しています。

出口戦略

気を付けたい失敗例

最後に、ワンルームマンション投資で失敗したという事例を集めてご紹介しています。不動産投資の失敗でよくある、代表的な失敗例を3つ取り上げ、その原因にも迫ります。

この事例集を読めば、どうして不動産投資に失敗する人がいるのかがわかります。ニーズの変化を読み取れなかったり、家賃の低下を想定していなかったり、ということが原因で投資に失敗するようです。これは優秀な不動産投資会社を選べば問題ないことですが、知識として知っておくとよいと思います。

気を付けたい失敗例

管理方法について

マンションの管理業務は多く、主に入居者の募集・家賃の集金・クレーム対応・清掃・保守点検があげられます。一通りの流れを把握することは大事ですが、実際にオーナーが管理を行うことはありません。管理業務については管理会社に依頼するのが一般的です。しっかりとした信頼できる管理会社を選ぶことで日々メンテナンスから空室対策までを全て行ってくれます。

管理方法について

ファミリーマンションとの違い

ファミリーマンションは家賃が高く、入居者の定住率が高いのが特徴です。しかしながら、修繕費や管理にコストがかかるうえ、物件の購入費用が高いという点もあるため、マンション投資初心者や不動産知識のない方にはワンルームマンション投資がオススメです。

ファミリーマンションとの違い

ワンルームマンション投資の流れ

マンション投資は大きく分けて、(1)投資物件の情報収集、(2)物件の問い合わせ、(3)物件の内覧・現地調査、(4)収支計画の作成、(5)資金計画の作成・調達、(6)買付証明書の提出、(7)契約・購入のステップで行います。

投資の前には、手付金や仲介手数料、などを用意しておきましょう。手付金は売買価格の5~10%、仲介手数料は売買代金×3%+6万円ほどになります。

ワンルームマンション投資の流れ

投資用のワンルームマンションに自分で住むのはアリ?ナシ?

居住用と投資用ではローンの種類や減価償却などの税制優遇に違いがあるため、自分で住むのはオススメできません。ローンを完済してある物件を老後の住まいとして考えるのはアリでしょう。

投資用のワンルームマンションに自分で住むのはアリ?ナシ?

一括借り上げ(サブリース)のリスクを解説

一括借り上げは、空室ができた場合もオーナーに家賃が入るのがメリットですが、管理費用が通常よりかかってしまうデメリットもあります。管理会社の倒産やトラブルなどもあるため、契約時には解約も含めた条項をしっかりと確認する必要があります。

一括借り上げ(サブリース)のリスクを解説

ワンルームマンションの投資リスクを知る

ワンルームマンションは比較的手の届く範囲の金額で投資できます。しかし、収入が少ない・資産価値が下がりやすい・金利や税制の変更や災害時のリスクを受けやすいなどのリスクもあることを覚えておきましょう。売却しやすさや管理会社に一括して管理を任せられるといったメリットもあるので、リスクを踏まえながら投資するのがベストです。

ワンルームマンションの投資リスクを知る

ワンルームマンションの投資で節税対策はできる?

個人であっても法人であっても節税効果が期待できます。給与から天引きされている所得税が一部還付され、相続税が大幅に軽減されるという効果があります。但し、節税対策のために投資を行うと、売却できないなどのリスクも孕んでいるので気をつけましょう。

ワンルームマンションの投資で節税対策はできる?

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧