住友不動産販売

ここでは、投資用の不動産物件を扱っている住友不動産販売について調査しました。

分かりやすいお役立ちガイドと豊富な特集でサポート

住友不動産販売のホームページ上では、常に特集が組まれており、新鮮な不動産情報が確認できます。たとえば「ワンルームマンション特集」では一人暮らしの方だけでなく、投資目的の方も対象としており、投資向けの物件も紹介。物件の詳細では、金額だけでなく想定利回りや賃料(年額)、セールスポイントなどの確認ができます。

住友不動産販売の他にも、信頼できる投資会社をまとめています

住友不動産販売の口コミ・評判

  • 豊富な種類の物件を取り扱っているのと、社員の方の多角的で戦略に富んだ提案のおかげで満足のいく不動産取引が行えました。

住友不動産販売が教える不動産投資の魅力

一言で不動産投資と言っても具体的などのような仕組みになっているのでしょうか。住友不動産販売の説明では、「不動産投資とは大家さんを思い浮かべるとよい」とのこと。マンションやアパートのオーナーは部屋を貸し出し、賃料という収入を得ています。その収入は数百万円の預貯金の利息と比べて、割の良い資産形成手段なのではないかと住友不動産販売は考えているのです。

不動産投資の収益形態

「現物不動産投資」「小口化投資」「REIT(不動産投信)」不動産投資には様々なタイプがあります。しかし、どのタイプを選んでも不動産投資の収益形態は二つに絞られます。キャピタルゲインとインカムゲインです。キャピタルゲインとは土地や建物の値段が購入時よりも売却時の方が高くなった際に生じる利益のことで、住友不動産販売ではこれを「一攫千金を狙うキャピタルゲイン」と表現しています。

一方のインカムゲインとは家賃や利子などから得られる継続的な収益のことです。近年、幅広い年齢層から支持されている「ワンルームマンション投資」はこのインカムゲインに該当しており、現物資産を手に入れることで「安定した収益」「利回り」を獲得しようという投資手段となります。

住友不動産販売のリスクを軽減する3ヶ条

不動産投資には家賃収入や節税対策など様々なメリットがあります。しかし、デメリットがないわけではありません。住友不動産販売では不動産投資におけるデメリットを明確にしておけばリスクを最小限にできると考えています。

空き室リスク

不動産投資をやってみたものの誰も入居しない・手頃な値段で物件を手に入れても入居者がいないのでは家賃収入は望めません。不動産を購入するときは「人が借りたくなる物件」かどうかを良く吟味しましょう。空室のリスクヘッジにはサブリースシステムという選択もあります。

老朽化リスク

築年数が古くても、室内が魅力的でメンテナンスが行き届いていれば需要はあります。普段から修繕をしっかり行い、空いたら次の入居者を迎える準備を行いましょう。

資産価値の低下リスク

購入時には値崩れしにくい物件を選びましょう。価値は変動し続けるものですが、極力変動する値幅が狭いものを選んでおけば、売らずに貸し続けられ安定的な利益が確保しやすくなります。

無料相談会を実施

住友不動産は、上記のリスクを軽減する相談会などを無料で開催。どれくらいで売れるかの査定は、全国店舗の仲介ネットワークでより精度の高い結果がかえってくるでしょう。

税務にかんする相談会も実施。不動産投資をするうえでの、所得税・相続税・贈与税についての相談を税理士が受け付けています。税金について知識がない人でも、不動産投資に手を出しやすい業者です。

会社概要

社名 株式会社住友不動産販売
所在地 東京都新宿区西新宿2-4-1
資本金 2,970百万円
免許番号 不明
事業内容 ・不動産の売買、賃貸の仲介業務
・不動産の受託販売業務
・不動産の賃貸業務
・前各号に付帯関連する業務

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧

             

ワンルームマンション投資の事例