女性のワンルームマンション投資

不動産投資というものは決して男性だけのものでなく、今では多くの女性が不動産投資で利益を上げている時代です。ここでは女性のワンルームマンション投資について説明していきたいと思います。

主婦のワンルームマンション投資について

そもそも、不動産投資に男性も女性も関係がないというのが根底の事実としてあります。

しかし、それは独身の女性ということであり、主婦となれば少し話は違ってきます。会社員やアルバイト、パートといったどんな形態でも、給与所得というものがあれば「給与所得控除」で課税が控除されますが、主婦の場合は所得というものが一切ありませんのでそれが使えないのです。

仮に、ワンルームマンション投資で得た利益が年間38万円を超えた場合、いくら仕事をしていなくても所得があるというようにみなされ、税務署から課税対象となってしまいます。ここが大きなポイントと言っても過言ではないのです。

主婦の投資テクニックとは

そこで、主婦なら主婦なりの投資テクニックというものがあります。

簡単に説明しますと、投資するワンルームマンションの名義を配偶者である夫にするという方法です。基本的に、専業主婦には所得がありませんから、ワンルームマンション投資をする際にはローンがほぼ通りません。もし、夫がきちんと働いてさえいれば、ワンルームの名義を夫にさえすれば審査はおそらく通るでしょう。要するに、主婦がワンルーム投資の運用をし、内職としてワンルームマンション投資をするというわけです。これに関しては何一つ法を犯しているわけではありませんので、夫の了承さえ得ていればすぐにでもできる投資方法になるのです。

しかし、アルバイトやパートといった他の仕事をしている、夫と生計を分けているといったようなケースの場合、税務上は別扱いとなるので注意が必要になります。

本人確認などで夫に協力をしてもらわなければならない場面が多々出てきますが、夫名義で主婦がワンルームマンション投資をするのは、家庭を支えるためにも必要なことでもあるのです。ある意味、これも家計を支える主婦なりの投資テクニックといえるかもしれません。

最後に、ワンルームと言えども不動産投資は長きに渡る資産運用になるため、途中で離婚などのトラブルが起きると少しややこしい話になってしまいますので、その点だけ頭に入れてワンルームマンション投資をするようにしましょう。

初心者はまずワンルームマンション投資から

マンションというのを大きく分けますと、3LDKや4LDKといったファミリー用のマンションと、ワンルーム、1K、1DKといった単身用のマンションに分けられます。もちろん、どちらにも投資をするメリットやデメリットがあり、どの層をターゲットにするのかでまたマンションの形態も変わってきます。そこで、不動産投資初心者や主婦層といった人についてはまずワンルームマンションの投資から始めるのがベターとされています。

その理由は?

ワンルームマンション自体価格が低いので、少ない資金から始められるということが第一に挙げられます。やはり、ファミリー向けのマンションだと間取りも床面積も広くなるため、どうしても価格が高くなってしまいます。

ローリスクであるワンルームマンションから投資をはじめ、そのワンルームマンション投資が軌道に乗れば新たに投資するマンションを購入すればいいのです。不動産投資初心者や主婦層といった人が、初めから価格の高いマンションを購入するのはリスクが大きすぎるということです。

利益率が高い

そして、ワンルームマンションは低価格で購入できるわりに利益性が高いというのも魅力の一つです。ファミリー向けのマンションは住環境を重視するため、駅から少し離れた場所を求める傾向にありますが、単身用のマンションだと利便性を重視するため駅近に集中することが多いでしょう。

そのため、ファミリー向けに比べれば回転率は非常に高く、入れ替わりが多少激しいというのがありますが、空室のリスクがかなり回避できるのも大きなメリットとなります。

後、家賃も景気に関係なく、あまり変動がないというのもメリットの一つ。

こういった利回りが高い上、安定性まで高いワンルームマンション投資は、主婦層には持ってこいの不動産投資だと言えるでしょう。

将来の年金が不安で投資を始める女性が多い

最近では、年金などの将来が不安ということで、ワンルームマンション投資を始める女性も決して少なくはありません。少子化問題が深刻な昨今、将来の受給額の減額についても大きな話題となっています。

ちなみに、夫が会社員で妻が専業主婦で、月の収入が50万円あった夫婦の場合、この先年金受給年齢になる頃の年金受給額は一人約20万円程度だと言われています。要するに、確実に今より収入が減ってしまうということです。正直なところ、この年金受給額に関しては毎年のように悪化しています。これが東京都内などの都市部に住んでいるとなると、生活費もさらに掛かってくるのは間違いありません。

とはいえ、上記の年金受給額は現在の算出方法で出していますので、10年後や20年後は状況が変わっているかもしれません。しかし、そんな時だからこそワンルームマンション投資により私的年金を作ることで、余裕の持った老後生活が送れるということなのです。

ワンルームマンション投資は妊娠中や子育て中に向いている

妊娠中や子育て中の際はどうしても収入というものが減ってしまいますし、さらにお金も必要となってきます。

そこで、ワンルームマンション投資の魅力は、働かなくても一定の収入が得られるということです。ですので、妊娠中でも子育て中でも収入に差が出ることは一切ありません。

懸念材料として、マンションの管理や入退去の手続きなどが出てきます。しかし、ワンルームマンションの管理や運営は全て管理会社に任せておけばいいのです。信頼ができる管理会社さえ見つけてしまえば、基本的には報告を受けるだけで仕事は済むのです。

ただ、ワンルームマンションの購入や管理会社との契約に関しては、できるだけ妊娠前にやっておくのがベストだと思われます。お腹に赤ちゃんがいる状態での物件探しは体に大きな負担がかかってしまいますし、子供を連れてというのもさらに現実的ではありません。

ですので、将来の出産を考えているのであれば、一日でも早く物件を購入しておいた方がいいのではないかと思います。

女性が投資を始めることで男女格差が縮まる

男女格差に悩む女性が中にはいることだと思います。

会社の待遇、所得といった点が大きな部分を占めるでしょう。出世に関して見ても、やはり男性の方が有利であるのは間違いありません。その理由に結婚や出産という問題があるからです。結婚だけならまだしも、出産をすることになれば一時的でも会社を離れることになります。それが出世に大きな影響を与えていると言っても過言ではないのです。

ということから、独身のうちからワンルームマンション投資を始める女性が増えているのです。ワンルームマンション投資は管理の手間もかからず、働きながら別の収入が得ることもできます。初めの物件探しという手間さえクリアしてしまえば、今の仕事に影響を及ぼすということは一切ないのです。

女性のワンルームマンション投資のまとめ

ワンルームマンション投資をする人の不安要素は人それぞれになります。とはいえ、他の投資に比べればワンルームマンションはローリスクで始めることができます。そのため、専業主婦でも会社員の女性でも簡単に運用することができるのです。

将来の年金問題、出産や子育て、給与体系の不安など、女性特有の問題解決にはワンルームマンション投資は最適だと言えます。先行きが不安な世の中だからこそ、ワンルームマンション投資で安定した収入を得ておいた方がいいのではないでしょうか。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧