女性会社員のワンルームマンション投資ガイド

マンション投資という言葉を耳にすると、難しそうなイメージがついてきます。

女性にも、そんな投資は可能なのか? 考えることが多すぎて実は難しいのではないか?

と不安に思って敬遠してしまうかもしれません。しかし、今ワンルームマンション投資はチャンスでもあります。

また、会社員の目線でしか考えられないポイントを活かして、物件を入居者にアピールすることができます。女性会社員でも投資が出来、儲かるためのポイントをA さんの実体験を交えながら詳しく紹介していきましょう。

女性の会社員がマンション投資することについて

女性の会社員が、ワンルームマンション投資をする点で良いのは、入居者目線で考えることが出来るという強みがあります。

ワンルームマンションは、2000年代に東京都23区で規制をする動きが現れました。

そのため、ワンルームマンションでは、狭い物件(25㎡以下)を作ってしまうと課税対象になる物件があります。その問題には、住人のあり方に問題があるのですが悪いことだけではありません。

独身女性は、物件選びに慎重になります。男性と異なり物件を見つけるための項目がいくつもあるからです。この項目については、男性からはよくわからないケースがあります。

このような点を、1人の女性会社員の目線で考えることが出来るのは強みと言えるでしょう。ここからは、Aさんの体験談を元に詳しく解説をしていきます。

Aさんが、マンション投資を始めた理由。

Aさんは、20代後半のOLでした。仕事がルーティーンワークになっており、このままで本当に大丈夫なのか? という心配がありました。貯蓄はあったので生活に困ることはありませんでした。しかし、将来結婚願望があり長期的な視野で考えると、今の仕事だけでは貯蓄があまり増えないということを感じ、副業で自分の資産を増やすことを考えました。

ワンルームマンション投資を選んだ理由

副業で何がよいかと考えた時、投資をすることを考えました。最初に投資で思いついたのが、株式投資でした。しかし、調べていくと株式投資は日々勉強が必要で、結果を出すのも長期的になってしまうということがわかりました。

これでは、すぐに資産が増やせないのでもっと効率の良い方法が無いものかと模索している時に、マンション投資の存在を友人に教えてもらいました。

その時は、本当に儲けることが出来るのか半信半疑な面もありました。

しかし、Aさんはマンション投資のメリットを調べ会社員が参入しても十分に利益を生み出せる仕組みがあるということに気づきました。

マンション投資のメリット

マンション投資が、会社員にとって良いメリットは次のものがあるとAさんは自らの経験で感じました。

1、業者に委託することが出来る

マンション投資のメリットは、他の投資に比べて自分が負担する領域が限られているという点です。もちろん、自分で0から行うこともできますが、それはかなり労力がかかり、あまり効率的ではないということがわかりました。そこで、見つけたのが業者に管理してもらう一括借り上げというシステムです。

このシステムを利用することで、自分がマンションの所有者になればあとは業者に委託をし、利益を得ることができます。これなら、仕事で忙しくてもある程度業者に任せられるので安心です。

2、他の投資よりも早く利益を得ることが出来る。

物件を所有して、入居者が埋まれば自動的に利益が発生します。そのため、入居者の獲得が投資を成功させるためのコツだということがわかりました。素人でも少し検索するだけで色々なことを知ることが出来るこの仕組みはとても魅力的だと思い、マンション投資をする決断に至りました。

こうして、Aさんはマンション投資をすることを決意しました。

ワンルームマンション投資で儲けるための工夫

Aさんは、マンション投資を行う際に考えたことは次の通りです。

これをしっかり押さえておけば、おそらく失敗することは無いだろうと考えました。

業者選びには慎重になる

マンション投資をしたいと考えても、業者が悪いところであれば資産を無駄に使わされるだけで終わってしまいます。Aさんはとても慎重派な性格だったので、業者について調べました。すると、業者は1つに絞るまでに複数に話をしておくと良いという知識を得たので、実践することにしました。

業者選びで気をつけたのが次の項目です。

  • レスポンスが早い
  • 一括借り上げでも、こちらの意見もある程度聞いてくれる
  • 親身な対応をしてくれる

この3つの項目を独自に作り、業者を選ぶ時の参考にしました。

その結果、5社ほど管理会社を選んだ結果、最も良い反応をしてくれた業者に管理はお願いすることにしました。

マンション投資の物件は、ワンルームマンションに

投資を行うといっても、20代なのでとても資産があるわけではありません。

限られた予算の中で投資をしなければならないので、投資する場所選びも慎重になりました。そこで目をつけたのが、ワンルームマンションです。

ワンルームマンションは、他の物件よりも低価格で手に入れることができます。

また、 物件における立地条件とマンションの管理方法をしっかり行えば間違いなく利益が得られると確信したので、業者と徹底的に議論をすることにしました。

この時、何度か業者の人とぶつかりましたが、大切なのは意見をしっかり伝えることだと感じたそうです。

その理由として、意見をしっかり伝えることはこちらの情熱を伝えられるのと業者がどこまで本気で考えているかを知ることが出来るからです。

このような検討の結果、物件候補をいくつか選定しました。

女性の強みを活かしたマンション投資を行う

物件選びで大切にしたのは、女性しかわからない独自の目線です。

担当者は、男性だったので特に自分自身の武器でもある女性目線が重要になると感じました。

女性が住みたくなるようなマンションの選定

候補の中で、特にこだわりを持ったのは女性が選びそうな物件を選ぶということでした。

オートロックがしっかりしている/バス・トイレ別/周辺地域の治安/ペットは飼っても大丈夫など、女性が気にしそうな項目を最優先事項として、それにマッチした投資先のマンションを選定しました。

この時、業者側には女性にオススメの物件というアピールをしてもらうようにお願いをしました。そうすることで、入居者を女性にする確率を上げるためです。

特化したマンションにより、入居率は80%以上を維持

業者選びと物件の条件をしっかり絞った結果、まずは1部屋のワンルームマンションから運営することに決めました。

すぐに入居者が決まり安定した収入のありがたさと、コツコツやればOLでも勝算があるとわかったので、今は5部屋まで増えました。どの部屋も常に埋まっています。

空室でも、1ヶ月程度で埋まります。今後は更に拡大させる予定です。

目標は、1棟ごと経営することです。今の物件は、女性の方が入居者が多く、男性からも満足度の高い物件となりました。

しかし、ワンルームマンションなので独身男性/独身女性と定住してくれる層ではありません。

今後の課題ではファミリー層を向けたマンション投資の野望もあるようです。

まとめ

Aさんは、幸いトラブルもなくスムーズに投資を行い成功したケースとなります。

もちろんケースバイケースなので、トラブルのリスクもあります。

しかし、Aさんのようにしっかりプラニングを立ててマンション投資を実行すれば、成功する確率は高くなります。

今後マンション投資を考えている女性会社員の人は、このような点に注目をして物件を探してみてはいかがでしょうか。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧