体験談【50代】

将来のための不労所得として不動産投資はかなり手軽でおすすめです。手軽だからといってもリスクがないわけではなく、不安で手が出せないという方もいるのではないでしょうか。そんな悩んでいる人たちに向けて、実際に不動産投資を行った50代の方の体験談を集めてきました。

豊かな老後への第一歩を踏み出すことができました

不動産投資を始めようとしたキッカケは、悪化していく掲載不況や公的年金があてにならないという不安からでした。こういった状況もあり、今後一人一戸のマンションを所有している時代が来るのではないのかと感じたからです。もちろん株など他の選択肢もありましたが、不動産投資だと会社に勤めながら不労所得を受けることができる上に、マンションの管理は、賃貸管理会社に任せれば、オーナーには全く手間がかかりません。素人には難しいと感じてしまいますが、正しいやり方で行えば、不動産投資はリスクが少なく、将来老後に備えるのにも向いています。

不動産を長く持てば持つほど収益が膨らんでいくと考えていくと、不動産投資が最適だと思いました。1戸を購入しましたが、たった1戸では収入的に不安は拭えません。リスクの分散も含めてもっと物件を増やしていくべきだと思い、新たに紹介してもらうことにしました。

候補の中に納得のいく物件が数戸ありましたが、ローンが残っていたため新たにローンが組めるのか心配ではありました。それでもなんとかローンを組むことができ、新たに不動産を購入することを決意。

今回これまで働いてきた資金で不動産投資を行えたことで、豊かな老後への第一歩を踏み出すことができました。今後は夫にも物件を購入してもらい、家族それぞれが独立した資金形成をしていければと思います。

先行きの見えない経済状況ではあるものの、こういった資金を持つことで、不安なく生活できているので不動産投資をしようと決断したことは間違えではなかったのだなと思います。

夢である海外生活を実現するため

私は愛知県でメーカー勤務のサラリーマンをしています。少し前まではスペインの現地法人に駐在していました。その生活の中で、いろいろと悩まされることが多く、私の人生ってなんだろうと何度も考えてしまいました。

正直、スペインでの生活は全く楽しめませんでした。そんなことを考えていた時にふと学生時代に留学したポルトガルで悠々自適に暮らしたいと思うようになり、そのためにどうすればいいのかと考えた結果、不動産投資という結論に。そして帰国後に、セミナーに足を運び不動産投資のことについていろいろと学びました。

これまでは大半の人と同じように、FXやIPOなど色々な投資に挑戦してきました。正直なところトータルで見れば損となってしまいましたが、一応投資に関する知識はあるという自負はあったものの、それでもわからないことが多かったのです。担当してくれた方に相談し、私の希望に沿った条件の物件も紹介してもらい、悩んだ末についに1件目の不動産の購入を決意しました。なんとその半年後には4件所有することとなり、全て私の希望にあった物件で大変満足しています。

順調に家賃収入も入っており、購入前に作成したライフプランも予定通り進みそうで今後が楽しみです。今後の計画は、まずローンで購入した2件をサラリーマンと家賃収入を駆使して完済することを目標に行動していきたいと思います。そして、完済できれば、さらにもう2件を買い増しして不労所得を増やせればと考えています。この不労所得のおかげで心に余裕ができて、自分が本当にしたかった生き方ができているように感じます。最初の動機であるポルトガル生活も実現までどんどん近づいてきています。

50代のワンルームマンション投資

生活していく上で、将来への不安はつきまとってきます。特に長い不景気の真っ只中である現状や、年金が破綻する可能性などを考え給料以外の所得を持ちたいという人は増えています。だからこそワンルームマンション投資をはじめとした、不動産投資に注目が集まっています。

今回紹介していた方たちも先行きの不安などを理由に不動産投資を始められました。結果として以前に比べ不安が解消され、自分らしい生き方をできている方もいます。不動産投資と聞くとついデメリットなどを考えてしまいますが、より不安なく生活を送るには挑戦してみるのも十分ありなのではないでしょうか。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧