体験談【40代】

不動産投資とは一体どんなものなのか、初心者にはわからないですよね。やっぱり止めておこうとなってしまいがち。少しでもそういった不安を解消するために、実際に40代で不動産投資を決意した方たちの体験談を紹介していきます。

仕事に縛られず豊かで充実した人生を過ごしたかった

仕事に縛られず豊かで充実した人生を過ごしたいと思い、不動産投資に興味を持ちました。不動産投資は毎月安定した不労所得が手に入るという部分で、まさにうってつけだと感じます。他の投資信託などと比べると、サラリーマンをしながらやりやすい投資だというのも理由の1つ。株式投資などとは違い、景気の影響で大きく値崩れを起こす心配がないので安心して投資できるのも魅力です。

実際に購入に至るまでは、確実に入居者がつく物件を探すために奔走しました。自ら候補のマンションに足を運んだりしたものです。結果的には最寄り駅からわずか数分のワンルームマンションを購入するにいたりました。購入の際も、不動産会社の人と綿密にリスクに関する内容などを話し合うことで、安心して契約を進めることができました。

不動産を購入してからは、思い描いていた夢に向かって大きく前進している感覚がしワクワクする気持ちでいっぱいです。40代での投資となりましたが、もっと若ければ長期的に不動産投資を展開できたのではないかと後悔しています。ただそんなことを言っても仕方がないので、今後は今以上にキャッシュフローの柱を太くするために、所有する物件をどんどん増やしていこうと考えています。

今度は震災など予測不能な自体へのリスクを対処するために、新耐震基準を満たした物件を選んでいこうと思います。震災で私の所有していたマンションは特に大きな被害にはあわなかったのですが、この先もしも倒壊などに見舞われてしまったら、家賃収入が途絶えてしまう可能性もありますからね。しっかりリスク管理できるように運営していければなと思います。

この先どうなるのだろうかという不安から開放された

私が不動産投資を始めようと思ったキッカケは、まずここ最近の急激な景気の悪化で給料が下がる前に、別の収入源を作っておきたいと思ったこと。

もう一つは、自分にもしものことがあった時のための生命保険代わりにということ。そして最後は、老後の収入源の1つにしたいと考え不動産投資を決意しました。あとは景気の悪い時期だからこそ、いい物件が安く手に入る絶好のチャンスだと思ったのも大きいですね。今のうちにできるだけ早く投資をしておきたいと考えていました。

実際にマンションを購入するまでは、セミナーにも参加し投資のノウハウを十分に理解するように努めました。不動産会社の担当の方とも話し合い、東京のワンルームマンション投資が最もリスクが少なく安定していると判断。奥さんにも納得してもらった上で購入に踏み切りました。購入してからは家族に少しでも安心を残すことができるという自信がでてきて、仕事に対するモチベーションもこれまで以上にあがりました。

それまでは不景気による影響で、勤め先もダメージを受けており、この先どうなるのだろうかという不安が常にありました。精神的にも不安定になり、仕事も手につかなかっただけに、非常に現状に満足しています。仕事へ前向きに取り組めている上に毎月家賃収入が上乗せされおり、なんだか給料が増えたような気がしてうれしいですね。

これからは、まず繰り上げ返済の金利上昇に備えてがんばっていきたいと思います。できることなら無理せず少しずつ、所有物件を増やしていければなと考えています。その時は現在お世話になっている不動産会社さんに、引き続き質のいい物件を紹介していただければと思います。

40代のワンルームマンション投資

以上が40代で不動産投資を始めた方たちの体験談となります。不動産投資はその他の投資に比べると、手間が少なくどんな人でも簡単に行うことができます。

先行きの見えない世の中だからこそ、今回紹介してきた方たちのように老後や給料が減ってしまったときのための備えとして持っておくのもいいですね。会社以外にも給料があるという安心感によって精神的にも楽になり、これまで以上に仕事に対して邁進することができれば、人生もより豊かになるのではないでしょうか。

将来が不安で不動産投資を行おうか悩んでいるのなら、今回の体験談を参考に、まずは不動産会社への資料請求などから検討してみてください。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧