体験談【30代】

この項目では実際に30代で不動産投資を決意された方の、実際の声を紹介していきます。不動産投資をやってみようか悩んでいるのなら、ぜひ参考にしてみてください。

投資の醍醐味を味わうことができています

私が不動産投資を始めたのは、家族のために戸建ての購入を考えていたときです。そんな時に、ゴルフを通じて不動産会社の社長にお会いしました。そこで、不動産投資の考え方について教えていただきました。そのおかげで不動産投資というものに興味を持ち、今では複数の物件を持つまでになっています。

購入までの話し合いでは、パーフェクトパートナー様から融資相談から管理を含めた将来の出口戦略や相続まで、親身になってアドバイスをいただきました。それだけではなく、人生設計のプランやオーナーとしての心構えなどマインドセットに関しても今後役に立つようなアドバイスをいただき感謝の気持ちでいっぱいです。

個人的にもコミュニケーションを密にとってくださっています。いつでも何度でも対応してくれるのは非常に頼もしいです。パーフェクトパートナー様がここまでしっかりしているからこそ、信頼しておまかせできるのだと思います。

ただ、なかなか空室が埋まらなかったり部屋の設備が壊れたりと問題もありました。こういった部分も不動産投資の醍醐味です。その後も経営を通してさまざまな方に出会うことができ、お互いWin-Winの関係で信頼して接することができるのも魅力的だと感じました。

不動産投資にはリスクがありますが、あれこれ悩み過ぎる前にまずは行動してみることをおすすめします。自分の裁量で解決できる問題も多いので、恐れず一歩踏み出してみてください。

社会人としても一歩成長できるキッカケに

これまでの私は仕事こそ全てだと思っており、休みなく働いてきました。ただ、30代になり体力に衰えを感じるように…。これまでより働くことが辛くなり、このまま定年まで働けるのか? などを考えるようになってきました。

給料所得のみに頼って生活していることに不安を感じ始め、経済的に自立しようと決意しました。しかし、株の書籍などを読んでもあまりピンときませんでした。そんな時に一冊の本と出会い、不動産投資を始めようと決意。不動産会社の担当者さんからもさまざまな説明をいただくことで、より強く「投資なら不動産だ」と感じました。現在では2戸を所有するオーナーになり、順調に家賃収入を得ることができています。

不動産を通して経済など広い分野にも興味を持ち、様々な視点で物事を見るようになったと感じることも多くなってきました。社会人としても一歩成長できるキッカケになったのだと思います。不動産投資を検討する際に営業担当の方と直接お話をすることで、投資をするなら不動産投資が最もいいと自分の中で強く思うようになれたのも良かったと思います。そのおかげで、自分でも満足して物件を購入することができました。

今後の計画としては、経済的自立の目標を叶えるためにも10年以内にもう3戸購入して、定年までには借り入れなしのマンションを10戸所有する予定です。

今はマンション管理士などの資格取得を通して、不動産に関する知識を身につけながら日々努力を続けています。担当者さんなど支えてくれている人には感謝の気持ちしかありません。これからも良きパートナーとしてサポートをお願いできればなと思います。

30代のワンルームマンション投資

マンション投資は投資金額が決して少なくないです。働き盛りの30代で不動産投資となると、まだ早いと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし将来への不安に年齢は関係ありません。その不安を少しでも解消するために行う投資に遅いも早いもないはずです。むしろ、30代で購入しておくほうが、老後にローンなく、家賃収入のみを手に入れることができるようになります。ワンルームマンション投資であれば、その敷居もぐっと低いので不安を解消するには最適な方法といえるのではないでしょうか。

早いうちから不動産投資の経験や知識を持っていれば、今後また不動産を新しく購入する時に有利に働く可能性も高くなるでしょう。不動産収入という保険があるからこそ、仕事にも余裕が出て、充実したライフワークを手に入れられるかもしれません。このように、早ければ早いほどメリットが多くなります。30代でも自信を持って不動産投資に挑戦してみましょう。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧