体験談【20代】

20代だとまだ、社会的信頼や金銭面などの理由で不動産投資は難しいように感じますよね。しかし、実は20代で不動産投資をしている方は意外と多いです。ということは20代でも不動産投資は十分可能ということです。そこで、20代で不動産投資をしてきた方の声を集めてきました。

少しでも早く経済的自立を

もともと不動産投資には興味がありませんでした。ある日、本屋さんで面白いビジネス本はないかと探していたところ、たまたま不動産の本を発見しました。試しに立ち読みしてみると面白そうだなと感じ、本を購入してみました。家に帰って見てみると、不動産で儲けるテクニックだけではなく、不動産投資のメリット・デメリットや、質の高いビジネスモデルとしての理論など、ビジネスにも通じるところ多く、自分の思い描いていた資産運用とマッチしていると感じました。

そして、徐々に不動産投資への興味も湧いてきたことから、実際に不動産投資もやってみようと思い立つまでにいたりました。そこから、不動産を手に入れるために資料請求や個別相談などで知識を深めるように行動していきました。

そして、決していい話ばかりではなく、リスクなども包み隠さず聞くことができ、より信頼して決意を固められました。そして、ついに目黒と新宿に1900万円と1500万円のワンルームマンションを所有することができました。費用の一部は自己負担で、残りはローンという形での購入になりました。正直、20代で多額のローンを組んでマンションを購入するには勇気が入ります。でも、早くスタートすればするほど、経済的自立を早く手に入れられると思っての決断なので、今は満足しています。おかげで、将来に対する漠然とした不安も解消されました。

現在は、計画的に繰り上げ返済を活用して、将来的には50歳で10室を所有して、経済的に自立できればと思い行動しています。50歳を迎えた時、今回の不動産投資に挑戦してよかったと心から思えるように、計画的に目標へ向かって進んでいき、少しでも早く経済的自立を達成できればいいなと感じます。

自分の人生を歩めるのではないかと考えて

不動産投資に興味を持ったキッカケは、転職です。もともと国内向けメーカーで営業していましたが、別の仕事がしてみたいという気持ちが強まり、グローバル展開をしている機械メーカーに転職しました。その際、環境が大きく変わり、パートナーとも出会い、人生について真剣に考える日が続くようになりました。

自分の価値を高めて、なおかつお金を生み出す資産があった方が、自分の人生を歩めるのではないかという考え、不動産による資産形成に興味を持つようになりました。そこから不動産関係のセミナーには何件も参加し、書籍も多く読みました。ワンルームマンション投資だけではなく、一棟買いまであらゆる種類の書籍を読破していきました。その中である本に出会い、居ても立ってもいられず、不動産会社で話を聞くことにしました。

話を進めていくうちに、購入計画を40歳までは物件を5戸所持する1次投資と、私的年金を視野に入れて40歳以降に購入する2次投資と2段階に分けた方がよいという結論に至りました。プランが明確になりイメージができるようになったので、不動産を購入することに決めました。その際、転職して間もなくだったので、ローンが組めないという問題はありましたが、現金でなんとか購入することにしました。

この決断のおかげで、次の物件の融資審査が有利になり良かったです。そして後は、試行錯誤を繰り返しながら物件を増やしていっています。先行きの見えないご時世です。この先、厳しい現実が待っているだけに、自分自身の能力や、価値を高めていくことが重要だと感じています。不動産投資で大事な物を守れるよう、日々邁進していこうと思います。

20代のワンルームマンション投資

20代だと社会的信用や貯蓄の問題で不動産投資が難しいように見られがちです、しかし、ローンを駆使していけば20代でも問題なく投資に挑戦することは可能ですし、それはワンルームマンション投資だからこそ可能であるともいえます。さらに、20代で不動産投資に挑戦しておくと、後々の融資が有利に進みやすくなったり、ビジネスを実践的に学ぶこともできます。

今後仕事していく上で重要になる点も大いにあります。さらに、30代40代で不動産投資に挑戦するよりも早くに、経済的自立を達成する可能性が高まります。年金問題など、たとえ年金を支払っていても、果たしてもらえるのかなど、先行きの見えない不安が今の日本にはあります。そこで、20代という若いうちから、不動産投資で資産を形成しておけば、将来への不安を軽減させられるのではないでしょうか。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧