ワンルームマンション投資ガイド HOME » 【年代別・職業別】ワンルームマンション投資体験談集

【年代別・職業別】ワンルームマンション投資体験談集

実際に、ワンルームマンション投資をおこなうとなると、自分に本当にできるのだろうかと不安になる方もいます。安心してください。ワンルームマンション投資は誰にでもおこなえます。この項目ではワンルームマンション投資を行った方たちの体験談を紹介していきます。

20代

20代は社会的信用や投資にかけられる予算の問題などが大きな壁になりますが、ローンを駆使するなどして問題をクリアすることが可能。実際に、転職をきっかけに新しい人生を歩もうと考え、不動産投資に取り組み始める人も少なくありません。将来への不安感から資産形成を進めるケースも多く、早いうちから投資にチャレンジすることで、ビジネスを学び経験値を上げることもできます。

20代のワンルームマンション投資の詳細をチェック>>

30代

30代は結婚や転職など、多くの人が人生の節目にかかる時期。ここで不動産投資にチャレンジするということは、給与所得のみに頼らず自力で資産を形成する第一歩となります。計画的に経済自立を考えて行動することは、社会人としても大きく成長するきっかけに。家賃収入を得ることで、不動産投資への自信をつけ、充実したライフワークが手に入れられる可能性があります。

30代のワンルームマンション投資の詳細をチェック>>

40代

40代は、自分らしい人生というものを真剣に考えはじめる時期です。投資信託など、他の投資方法なども選択肢に入りますが、不動産投資株やFXのように景気に影響されすぎず、仮想通貨のようにハッキングや暴落のリスクがないため、長期的な資産形成を考えている方にもおすすめです。元手が少なくても、ワンルームマンション投資から始めることも可能です。

40代のワンルームマンション投資の詳細をチェック>>

50代

50代からはいよいよ、老後の暮らし方を視野に入れるようになります。リタイア後の生活を少しでも豊かにと考える方は、ワンルームからでも自己所有の不動産を形成しておくと安心。家賃収入を得ることで資産が増えていき、老後への備えとなります。先行きが見えないときほど、不動産投資に向いたタイミングと考えることもできます。

50代のワンルームマンション投資の詳細をチェック>>

サラリーマン

サラリーマンは安定的な職業というイメージがある一方、倒産や転職、休職のリスクがともなうものです。一方で、常に安定的な収入を目指すならば、ワンルームマンションなどの不動産投資が一つの選択肢となります。不動産投資は年金対策、節税効果などさまざまなメリットが得られる方法でもあり、サラリーマンにとって安定的な収入源を得るチャンスとなります。

サラリーマンのワンルームマンション投資の詳細をチェック>>

公務員

もっとも安定した職種といわれているのが公務員です。しかし公務員は、一般企業と並ぶほどの高収入が期待しづらく、昔に比べて収入が減っている分野もあります。そこで、出費を「経費」として計上できる不動産投資が副業としての選択肢になります。多忙な公務員でも、10室以下、管理会社への業務委託などさまざまな方法を駆使すれば、仕事との両立も難しくはありません。

公務員のワンルームマンション投資の詳細をチェック>>

医師・弁護士

専門職である医師や弁護士は、個人経営のクリニックや事務所を運営している方も多く、何かと多忙をきわめます。しかし、専門職であっても資産形成のために不動産投資を行うことは可能。突然の体調不良などで仕事ができなくなってしまった場合でも、安定的に収入を確保できるものが不動産投資です。ワンルームからでも気軽にチャレンジできますし、管理会社に業務委託を行うことで、本業との両立が可能になります。

医師・弁護士のワンルームマンション投資の詳細をチェック>>

年金受給者

すでに第一線から退いて、自由な時間を使えるようになった定年後の方々にとって、大きな不安材料になるものが退職後の生活です。年金だけでは食べていけないといった場合や、もしもの病気・入院・手術の用意、または介護にかかる費用などを捻出するには、安定的な貯蓄が必要となります。資産形成という意味でも不動産投資は退職金の適切な運用方法となりますし、空いた時間を使って有意義に収入を得ていくことができます。

年金受給者のワンルームマンション投資の詳細をチェック>>

女性

不動産投資は、性別や年齢に関わらず多くの人が参入できる分野で、女性にもおすすめです。主婦なら夫の名義をかりることで「内職」として投資を行うことも可能。女性は、結婚・出産・子育てという人生の節目が多く、仕事に関われる期間が短いために、資産が形成しづらいといわれていますが、最近では将来への備えとして不動産投資を始める方が増えてきています。

女性のワンルームマンション投資の詳細をチェック>>

女性の会社員

一般企業などに勤めて収入を得ている女性の中には、結婚や出産など仕事から離れる期間に備えて、資産形成として不動産投資を行なっている方も少なくありません。若いうちから不動産投資に関わっていくことで、子育てに入ってからも安定的に投資を続けていくことができますし、さまざまな事情で転職や退職を余儀なくされても、家賃収入という第二の収入源を持っておけば安心です。

女性会社員のワンルームマンション投資の詳細をチェック>>

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧