ワンルームマンション投資の成功事例

ここでは、ワンルームマンション投資において成功した人たちの声をまとめてみました。どのような目的で投資したのか、成功までの経緯はどうだったのかなど、ぜひ参考にしてみてください。

不動産素人でも問題なく運用

きっかけは、本屋で目にした不動産投資の本でした。前々から定年後の生活費や年金に不安を感じていたのですが、だからといって具体的に何かをしたり、しようと考えたりしていたわけではありません。たまたま目にした本ですが、これはチャンスかもしれないと思い、本格的に不動産投資について調べはじめたのです。

ワンルームマンション投資なら、初期費用が低額なうえ年金の対策にうってつけ。生命保険としても使えますし、資産形成や節税対策などの効果がある点から、ワンルームマンション投資をはじめることを決心しました。

それでも不安のタネは尽きません。ちゃんと居住者が入ってくれるのか、問題なくマンション運営できるのか。

そこでいろいろ問い合わせた結果、もっとも電話対応もよく、親身に相談にも乗ってくれた投資会社でお願いすることに。とくに、こちらの会社は家賃保証もしてくれるということで、それも大きな魅力でした。

マンション投資ははじめてだったのでわたしも家族もはじめは不安でしたが、担当者の方が丁寧に説明してくれましたし、納得できるプランを提案してくれたので、おすすめの物件を購入することに。

知り合いのファイナンシャルプランナーや生命保険会社の人にそのプランのことを話すと、みんな納得するような内容。それで自信をもち、ちゃんと運用できるのかという不安も払拭できました。

まだ運用をはじめたばかりですが、空室保証システムや税金対策を含めたアフターフォローも充実いているほか、管理も一括して対応してもらえるので、不動産投資・経営ビギナーの自分でも問題なく運用できています。しっかりとした投資会社さえ見つけられれば、不動産投資は決して難しいものではありませんよ。

手元の資金を使わずに資産形成に成功

将来のことを考え何か投資をしたいとは思っていたものの、決して十分な資金があるわけではありませんでした。そこで手元の資金を使わずに資産形成できる投資はないかと調べていたところ、突き当たったのが不動産投資です。

とはいっても、わたしに不動産投資にかんする知識はなく、経営もまったくの素人。そこで、たまたまネットで見かけた不動産投資会社に相談してみることにしたのです。

まずはその会社のセミナーに参加し、不動産投資のメリットやデメリットなど、運用のいろはを学ぶことに。セミナー後の個別相談では担当の方が、都内の不動産動向をはじめ、バブル期の失敗事例などを話してくれました。そのうえでリスクを回避するノウハウまで提案してくれ、これなら自分でもできそうだと思い、不動産投資をはじめることに。

しかし、わたしも家内も、投資にあたってローンを組むことが懸念材料となります。投資をするなら「資金を使わず」が前提だったため、いきなり「借金をつくる」ということにどうしても抵抗がありました。

そこで担当者が提案してくれたのが、大きな儲けをえるための投資ではなく、リスクを抑えたうえで確実に資産形成をしていくプラン。これなら、低リスクなので失敗する危険性もありませんし、コツコツと収益をあげられるためローンを返済しても着実に資産を増やせます。

さらに空室リスクを回避する空室保証プランもあるということなので、家族で相談した結果、提案されたプランで投資をはじめることにしたのです。

おかげでその物件は順調に運用でき、さらに都内に新築マンションを購入し、いまでは複数戸を運用して安定した収益を得ています。

唯一後悔していることといえば、「もっとはやくからはじめておけばよかった」ということでしょうか。

ローンを組んだのに逆に生活にゆとりが

今現在は会社勤めで収入があるので生活は問題ありませんが、年金制度があやふやな世の中ですから、老後のことが心配です。そこでわたしが目をつけたのが、長期間にわたって安定した家賃収入が期待でき、年金が代わりとして活用できるマンション経営の不動産投資でした。

東京都内の物件なら利回りは高くなくとも、将来も賃貸物件の需要が見込めるため物件価格が落ちにくい。そんな理由から、投資対象は都内の物件とすることに。

購入したのは新築マンションだったので、この先数十年は安心して運用できます。

購入にあたっては住宅ローンを使用したのですが、会社勤めをしている間は銀行から融資をうけ、家賃収入を利用してその返済を定年時までにする。定年後は家賃収入で年金の受給額を減らされたりしたときの補てんとしたり、生活費の足しにしたりする、という計画です。

当初はローンの支払いである程度、生活費の削減は覚悟していました。ですがローンの返済は家賃収入からまかなえるので、経済的にはなんら負担にはなりませんでした。

むしろ住宅ローンを組んだことで団体信用生命保険にも加入します。これまで加入していた生命保険を見直すことができ、月々の出費を抑制することにも成功。ローンを組んでいるのに、少しだけですが生活ゆとりが出るといううれしい効果も。

国土交通省の調べによれば日本国内の賃貸不動産の60%以上は、こうした不動産投資で成功した60歳以上の方が所有する物件なのだとか。

いかに不動産投資が安定した投資であるかを、如実に物語っているのではないでしょうか。

ちゃんと物件を見極めれば、ローンを組んでも生活の負担になるようなことはないので、ぜひみなさんも不動産投資にチャレンジしてみてください。

空室保証で35年間の収入を確保

バブルのころの浮き沈みの激しいイメージがあり、はじめは不動産投資にはあまり前向きにはなれませんでした。

かつて投資信託や株式取引でいい思いもしましたが、最終的には苦い経験をしたことも手伝い、投資そのものに二の足を踏んでいたという実情もあります。

しかし子ども夫婦が海外転勤で自宅を賃貸に出しているのを目の当たりにし、賃貸による安定した家賃収入に魅力を感じたのが不動産投資をはじめるきっかけとなりました。

そして、不動産投資会社のセミナーに参加したり、マンション経営について相談したりして、その流れで物件も紹介してもらうことになります。

わたしの想定では、はじめは利回りの高い中古マンションで運用したいと思っていたのですが、紹介してもらったのは新築マンション。また入居者がいないわけですから、正直、空室リスクが心配です。

ですが、投資会社のほうで35年間の空室保証があるとのこと。手数料こそ引かれるものの、向こう35年、確実に家賃収入をえられるというわけです。これは契約しない手はありません。

うれしかったのはマンション購入後、しばらくして通帳を見たとき。家賃が振り込まれているのをみて、ちゃんと投資が運用できていることを実感できたときです。

株のように常にレートをチェックする必要もありませんし、何もせずに不労所得をえられる喜びは言いあらわせません。不動産を所有し、それを運用しているという優越感にもひたれますし、将来・老後の心配をすることなく安心して暮らせるようになったことも大きな喜びです。

もうほかの投資には興味はありませんし、マンション投資だけで十分。家族の相続が落ち着いたらもう1件、マンション経営に乗りだそうと検討しています。

地方から都内の優良物件を購入

わたしたち夫婦が不動産投資をはじめたのは、節税対策や年金効果のメリットに魅力を感じたからです。そしてローンを家賃収入から返済していけるため、実質的な経済負担がほとんどなくてすむこともポイントでした。

いまの仕事に影響がなく、低リスクで運用できるという点もほかの投資にはない、不動産投資ならではの特徴だと思います。

購入物件は、リスク回避を考えて東京都内のマンションにすることに。東京の不動産事情には疎いので、切実に対応してくれる不動産投資会社を選ぶことが重要なポイントとなります。

そこでネットで調べたり、資料を請求したりしたなかから、評判もよく信頼できそうな会社にお願いすることにしました。

その会社の担当者さんは、現地の地価や需要供給のバランス状況などを丁寧に説明してくれ、さらに同社が都心のほど近く入居率の高い物件を所有しているとのことで、そこを購入することに。

物件を検討しているときには、担当者さんが詳細な情報を逐一報告してくれたりしたので、まったく不安はありませんでした。

ローンについては、すでに別件で融資をうけていたため、当初は融資が厳しい状況だったようです。しかし担当者さんが銀行と粘り強く交渉してくれ、なんとかローンを組むことにも成功。おかげで、無事に年金対策としてのマンションを購入することができたのです。

今回は、不動産投資にはパートナー選びが大切であると実感させられました。みなさんも不動産投資をする際は、ぜひ信頼できる投資会社を選んでください。

成功の事例

ワンルームマンション投資での成功事例をご覧いただきました。将来への不安を払拭し、もっと早くはじめておけばよかったと思う方もいるようですね。

成功事例をみていると、信頼できる不動産会社と出会えているという共通点があるようです。物件のことをメリット・デメリットあわせて伝えてくれたり、ローンを組むにあたって奔走してくれたりなど…。私たちの人生設計を本気で考えてくれるからこそ、成功まで導いてくれるのでしょう。

信頼できる不動産会社・担当者と出会い、必要な情報を集めた上で取り組めば成功の確率も上がりそうですね。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧