さいたま市のワンルームマンション投資

都心部のベッドタウンとして人気の高い埼玉県さいたま市。再開発による施設の充実とアクセスの良さで、最近ではファミリー層のみならず単身者からも高い人気を集めている地域です。そんなさいたま市のワンルームマンションにいま投資するのは得なのか、損なのか。市の特徴やワンルームマンションに対する需要などを調査しました。

ファミリーからも単身者からも大人気!さいたま市

都心からのアクセスも良く、ベッドタウンとしてファミリー層の人気を集めている「さいたま市」。一人暮らし向けの地域としてのニーズはあるのでしょうか?ここではさいたま市の特徴から、ワンルームマンションの需要について考えていきます。

実際に住んでみて「住みやすい!」との声多数

さいたま市が行なっている「さいたま市民意識調査(2015年度版)」によると、市民の82.5%がさいたま市を「住みやすい」と感じているそう。さらに「今後も住み続けたい」と考えている人は市民の84.3%にも達しています。市を挙げて子育て支援や不妊に悩む夫婦への支援を行うなどしてファミリー層から評価を得ていることに加え、医療機関・商業施設・アクセスの良さなどが充実していることから単身者も人気を集めていることが、さいたま市の高評価に繋がっていると考えられます。東京オリンピックでは市内の美園地区でサッカー競技が行われることもあり、さいたま市の人気・需要は今後もさらに高まっていくことでしょう。

アクセスの良さは抜群!

埼玉県のなかでは南側の地域が東京に近く、都心に仕事先や通学先がある方にとって暮らしやすい場所です。埼玉県南部に属する地区は、川口市や朝霞市、さいたま市など。なかでも、さいたま市周辺は都心部へのアクセスが群を抜いて良い地域です。市内にある浦和駅は新宿まで26分、東京駅までは25分、渋谷駅へは31分でアクセス可能。いずれも乗り換えなしで行くことができます。浦和区は都心部以外でも横浜や宇都宮、羽田空港への移動に便利な区域です。同じさいたま市内の大宮区もアクセスの良い区域。大宮駅には14の路線が乗り入れており、浦和区同様に新宿・東京・渋谷に乗り換えなしで行くことができます。大宮駅は新幹線の停車駅でもあり、新潟や仙台など地方への出張・帰省にも便利です。

浦和区と大宮区のほかにもアクセスの良い区域を多数有するさいたま市は、都心部に通勤・通学先を持つ一人暮らし希望者におすすめの地域だと言えます。

さいたま市の穴場地区!桜区の魅力

さいたま市のなかでも浦和区や大宮区は有名地区ということもあり比較的家賃が高めです。「便利で住みやすいけどまだ家賃は上がっていない」、という区域はないのでしょうか?さいたま市西部にある桜区はまさにそんな「穴場地区」の1つ。荒川が区内を流れており、春には河川敷に桜が咲いて花見客でにぎわいます。「桜区」という名前にふさわしいですね。浦和・大宮に比べると交通の便は多少悪くなりますが、それでも都心部へ60分ほどでアクセス可能。通勤・通学圏内だと言えます。商業施設や家電量販店なども充実しており、とても生活しやすい環境です。これだけ住宅環境が良いにも関わらず、桜区はかなり安い家賃で住むことができます。1LDKの相場は、大宮区が6.5万円ほどであるのに対し桜区は5万円ほど。暮らしやすく家賃も安い桜区は、首都圏での1人暮らしを希望する人からひそかな人気を集めており、物件が出てもすぐに借りられてしまうのだそうです。

さいたま市でのワンルームマンション投資

埼玉県のなかで、さいたま市周辺は地域としての需要が年々高まっており、人口も増加し続けている地域。都内に比べると家賃相場はまだ低いので、投資先としての将来性が期待できるエリアです。

さいたま市内のワンルームマンションに需要はある?

「さいたま市はファミリー層に人気の地域」というイメージが強い方もいるのでは。しかし、都心へのアクセスが良い大宮区や浦和区などでは、意外にもワンルームへの入居希望者が多いのです。不動産投資情報サイト「LIFULL HOME'S」が行なった調査によれば、賃貸住宅を探している人のうち、大宮区では48.8%、浦和区では43.6%の人がワンルーム・1K・1DKの間取りを希望しているそう。同じ調査で、希望する専有面積が20~30m2程度と回答した賃貸住宅への入居希望者は、大宮区だと全体の33%ほど、浦和区だと全体の33.5%ほどです。ワンルームの平均契約面積が24 m2程度であることを考えると、大宮・浦和区に入居を希望する人の3割以上がワンルームマンションを求めていると言えます。これら2地区でのワンルーム需要は周辺地区へも波及していくことが予想され、さいたま市へのワンルームマンション投資は将来性が豊かだと言えるのです。

さいたま市のこれからにどれだけ期待できるか

ワンルームマンション投資において一番恐ろしいのは「空室リスク」。想定利回りがいくら良くても、空室になってしまっては意味がありません。空室対策としては「集客力の高い業者に仲介を頼む」「サービスを充実させる」などがありますが、そもそも「人口が多い人気の地域に立地したマンションに投資する」のが一番安全な策だと言えます。埼玉県の人口は全国で第5位、なかでもさいたま市周辺は全国で9番目に多い人口を抱えるエリアです。都心部のベッドタウンとして好アクセスであったことに加え、先進的なアイディアに基づく再開発が功を奏して、さいたま市の人気はここ数年うなぎ登り。人口は増加し続けています。空室のリスクが低く、利回りも8%前後の高い水準で推移するさいたま市は、将来が有望な投資先であると言えそうです。

さいたま市の投資物件例

最寄り駅 中浦和駅
アクセス JR埼京線・川越線「中浦和駅」徒歩11分
価格 400万円
利回り 12.00%
築年月 1987年5月
専有面積 18.46m2
最寄り駅 北与野駅
アクセス JR埼京線「北与野駅」より徒歩7分
価格 550万円
利回り 9.82%
築年月 1988年3月
専有面積 15.90m2
最寄り駅 土呂駅
アクセス JR湘南新宿ライン宇須「土呂駅」より徒歩7分
価格 500万円
利回り 10.32%
築年月 1988年12月
専有面積 18.71m2
最寄り駅 南与野駅
アクセス JR埼京線「南与野」駅よりバス9分
大泉院通りバス停より徒歩7分
価格 360万円
利回り 12.50%
築年月 1988年7月
専有面積 15.14m2
最寄り駅 大宮駅
アクセス JR埼京線「大宮駅」より徒歩4分
価格 1,680万円
利回り 5.21%
築年月 2008年2月
専有面積 20.23m2

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧