ワンルームマンション投資ガイド HOME » ワンルームマンション投資に適したエリアは?

ワンルームマンション投資に適したエリアは?

ワンルームマンション投資を行う際、どんなエリアの物件に投資するのが得なのでしょうか?ここでは首都圏のおすすめ投資エリアを紹介しています。また、特別編として地方のワンルームマンションに投資するメリットや注意点なども特集。投資するエリアに悩んでいる方はチェックしてみてください。

エリアの選び方

どんな地域にワンルームマンション投資をすれば利益が上がるのでしょうか?不動産投資をする際は、エリアで絞り込んでしまわずに1つひとつの物件と向き合うことが大切です。とはいえ、いきなり日本全国のワンルームマンションをチェックするのは難しいですよね。

これからワンルームマンション経営を始めようという方におすすめなのは東京都内。経営しやすい環境や体制が整っているエリアだからです。地方の物件であっても管理会社に委託することで管理・経営することは可能ですが、投資ビギナーの方はまず都内の物件を検討しながら不動産投資についての理解を深めてみるのをおすすめします。

ワンルームマンション投資についての知識がついて来たら地方も視野に入れて、より広いフィールドでの投資活動に挑戦しましょう。ここからは投資に向いているエリアの特徴をさらに詳しく解説します。

人口で投資エリアを選ぶ

ワンルームマンションに投資する場合、その物件があるエリアのマンション需要を的確に把握しておくことが大切。投資する時期だけでなく、この先どのように推移していくかも予測しておかねばなりません。

投資先エリアのワンルームマンション需要を予測するうえで指標にすべきなのが「人口の増減」です。人口が増加しているエリアには住居が必要になるのでマンション需要も高くなるので投資しても充分な利益が期待できます。

反対に人口が減少している地域ではどれだけ良い利回りの物件であっても空室に苦労するはめになるかもしれません。

投資を考えているエリアについて、人口の推移をきっちり調べておきましょう。

駅チカ物件で投資先を選ぶ

ワンルームマンションをはじめとした不動産投資において、物件が駅からどのくらいの距離にあるのかは重要な問題。駅チカであればあるほど投資先物件として優れていると言えるので、駅チカ物件を手に入れられるかどうかによって投資エリアを選択しても良いでしょう。

なぜ駅から近い物件がいいのでしょうか?駅チカ物件のほうが入居者がつきやすいということもあるのですが、それ以上に他物件との競争率がポイントになるのです。

駅から物件までの直線距離が80m(およそ徒歩1分)の場合、競争相手となるのは駅を中心に半径80mの円に入る物件となります。この距離が2倍になると半径が2倍になり、駅を中心とした円の面積は4倍に。

簡略化して考えると、その範囲に入る競争相手の数も4倍ほどになります。駅から近い物件に投資した方が、ライバルが少ない有利な環境でマンション経営を行えるのです。

エリアに固執しすぎるのもよくない

ワンルームマンションに投資する場合には「投資先地域の人口」や「駅チカの物件が入手可能か」などを基準にエリアを選ぶと良いでしょう。しかし一つのエリアに、必要以上に固執してしまうのは禁物です。視野を広く持ち、あらゆる地域の物件に投資する気構えを持っておきましょう。

一人で全国の物件情報に目を配るのは難しいでしょうが、プロの投資会社に相談すれば効率良くワンルームマンションで利益が上げられますよ。

ここからは首都圏のおすすめ投資エリアを地域の特徴なども合わせて紹介します。また地方のワンルームマンションに投資するさいに気を付けるべき点についても特集で紹介しているので、どのエリアの物件に投資しようか迷っている方は参考にしてください。

品川区

大崎をはじめとしたオフィスエリアと戸越銀座のような昔ながらの商店街エリアが入り混じる品川区。都内のどこへ行くにも便利なアクセスが魅力で、単身者からファミリー層まで幅広い人気を集めているエリアです。そんな品川区でのワンルームマンション投資について解説しています。

世田谷区

世田谷・北沢・烏山・玉川・砧の5エリアの分けることができ、それぞれに強烈な個性を発揮しているのが世田谷区です。23区内でも有数の人口の多さを誇る世田谷区のワンルームマンション投資について、家賃相場や利回りなどから検討してみました。

江東区

大型商業施設やタワーマンションなどが建ち並び未来型の都市へと変化する一方、昔ながらの雰囲気ただよう下町エリアも残っている江東区。23区内で今後最も大きな人口増加が見込まれている江東区は、ワンルームマンションの投資に適しているのでしょうか?江東区エリアの特徴から解説します。

墨田区

両国にある国技館や江戸東京博物館、押上のスカイツリーなど日本を代表する観光スポットを数多く有している墨田区。ワンルームマンションの投資先としてはどうなのでしょうか?下町文化を新たな世代が盛り上げている墨田区の投資事情を調査しました。

目黒区

東京都内で「住みたい区」1位に輝いた目黒区。高級ブティックやおしゃれなお店が多く、特に女性にとっては憧れの区です。一方で高収入な持ち家層の家庭が多い街でもあります。そんな目黒区でのワンルームマンション投資はどのくらいの利益が見込めるのでしょうか?

練馬区

23区で2番目に人口の多い練馬区では2015年から「みどりの風吹くまちビジョン」という快適に生活できる環境を目指す運動を実施中。都内にありながら華やか過ぎない落ち着いた雰囲気を持っており、住みやすい地域として人気を集めています。そんな練馬区のワンルーム投資事情を調査しました。

吉祥寺

住みたい街ランキングで常に上位を占める街・吉祥寺。オシャレなスポットと心落ち着かせる緑が程よく混在する風景は若者たちから絶大な支持を集め続けています。安定したワンルームマンション需要が期待できる吉祥寺での投資について徹底解説!

さいたま

東京のベッドタウンというイメージの強いさいたま市ですが、都心部へのアクセスの良さや再開発による各種施設の充実などから単身者の人気も高まっています。東京オリンピックでサッカー競技の一部が行なわれることもありさらなる人気が期待されるさいたま市。ワンルームマンション投資先としての魅力に迫ります。

【特集】地方エリア

投資先として首都圏や自分が住んだことのある地方しか考えていないという方は、高い利回りの好物件を取り逃がしてしまっているかもしれません。地方のワンルームマンションに投資する場合、「どんなエリアを選べばいいのか」や「どんな情報を集めておけばいいのか」を調査しました。

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧