初心者向け!手堅く資産形成できる
ワンルームマンション投資とは?

年金や退職金はあてにならないし、このままじゃ将来が不安…。なんて方は増える一方だと思います。そんな方にオススメしたいのがワンルームマンション投資。初心者でも始めやすく、長期的に手堅く増やすにはもってこいの投資法です。
株や債券は安定した利益が難しいし、FXは専門的な知識が無ければギャンブルに近いところがあります。不動産投資こそ、安定した将来を目指す為に始めるべきではないでしょうか。

信頼できるオススメの投資会社をチェックする

儲かるワンルームマンション投資とは?

ワンルームマンション投資の利点

ワンルームマンション投資の最大の利点は、収益が比較的安定していて、しかもそれが長期的に期待できること。

利回りはたしかに低めではありますが、将来の安定した生活のための投資としては最適です。 ワンルームマンションは、価値が一気に半分になったり、無くなったりするようなことはありません。大損するリスクが少ないので、安心して投資を続けられます。

しかも、持ち主に万が一のことがあれば、家族に遺産として残すことが可能。ローンの残債の支払いが免除されるので、生命保険代わりになります。

ワンルームマンション投資の利点とは

投資の利点を詳しく見る

中古と新築の違い

ワンルームマンション投資を始める場合に、新築物件と中古物件のうちどちらを選ぶか、という選択をしなければなりません。

新築のほうが値段が高いぶん価値が下がりにくく、修繕もしばらくは必要ないので、大きな負債を抱える可能性が少なくなります。

一方中古は修繕や価値下落の可能性はありますが、購入価格も安くなります。 ただ、一度入居者が入った以上、隠れた欠点を見極める観察眼も必要です。

中古と新築の違い

中古と新築の違いを詳しく見る

物件選びのポイント

ワンルームマンション投資の成功を決める最大の要因は、やはり物件選び。価値が高く、空室率を低く保てる部屋をできるだけ安く買うことが収益確保には欠かせません。そこで、価値の高いワンルームマンションを選ぶための基準について解説しています。

立地と物件価格もちろんのこと、耐震基準のこと、修繕積立金の負担のこと、そして顧客目線での物件選びといったトピックを取り上げています。自分が住みたい物件ではなく、ターゲットに設定した層が住みたいと思うマンションを想像して、物件を選ぶことが重要なポイントになります。

物件選びのポイント

物件選びのポイントを詳しく見る

管理方法について

マンション投資は、購入すればあとは放っておくだけ…というわけにはいきません。入居率を高く維持するために、しっかりとマンションを管理しなければなりません。

といっても、管理業務のほとんどは管理会社に委託するのが一般的。入居者募集や契約書なども、管理会社が行います。大切なのは、信頼できる管理会社や不動産会社を見つけ出すことです。

マンションをきれいに使いやすく保ち、退室が出ればすぐに入居者を探してくれるような管理会社を見つけましょう。

管理方法について

管理方法について詳しく見る

覚えておきたい空室対策

マンション管理と重なる部分が大きいのですが、長期間ワンルームマンション投資で収益を出し続けるには、空室対策をしっかりとしておくことが大切です。

空室リスクは、不動産投資の少ないリスクのひとつ。この対策ができれば、より価値のある投資になることでしょう。ここでは、どんな物件を選べば空室が出にくいか、どんな運用をすればいいのかまとめています。家賃に影響せず、多少の費用だけで集客効果を高めるワザもご紹介しています。

覚えておきたい空室対策

覚えておきたい空室対策を詳しく見る

出口戦略(売却戦略)について

ワンルームマンションに限らず、不動産投資のゴールと言われているのが物件の売却。ゴールにあたるので、売却戦略のことを「出口戦略」と呼びます。

ここでは、出口戦略の概要や、どうして収益の出ている物件を売却しなければならないのか、そしてどのように出口戦略を立てればいいのか、ご紹介しています。 マンションは、どんなに人気のあるものでも、多少は価値が落ち、空室が出る可能性が少しずつ増していきます。そのことを頭に入れ、購入の時点で出口戦略を想定することが大切です。

出口戦略(売却戦略)について

出口戦略について詳しく見る

気をつけたい失敗例

ワンルームマンション投資を始めるにあたって、これまでの失敗例から学ぶべきポイントもたくさんあります。

そこで、ワンルームマンション投資の失敗例とその原因を紹介しています。 その3つとは、資産価値の低下を読み切れずに収支が赤字になってしまったケース、東京ではなく地方の物件で投資を始めてしまったケース、高利回り物件に飛びついて結局大きなリスクを迫ってしまったケースです。

よくある話ですが、知っていないと同じ過ちを繰り返す可能性があります。ぜひ目を通してみてください。

気をつけたい失敗例

気をつけたい失敗例を詳しく見る

得意ジャンル別おすすめ投資会社

物件選びは投資を成功させる重要なポイントですが、不動産投資会社選びは物件選びと購入後の管理を成功させるポイントになります。

そこで、ここではジャンル別におすすめの投資会社をご紹介します。

自己資金が少なくてもローリスクに始められる、初心者向けの新築物件に強い会社。購入金額が安いものの、物件の見極めが難しい経験者向けの中古物件に強い会社。新築・中古にこだわりが無く、自分の目を信じて物件が選べる玄人向けのバランス型の会社に分けてみました。

【初心者向け】 新築に強い

環境ステーション

環境ステーションのイメージ画像

  • 不動産だけでなく、資産運用全体をサポートしてくれるので初心者でも安心
  • 収益が落ちてきた物件の、収益力アッププランも提案可能
  • 滞納保証や家賃保証が利用できるので、家賃の取り損ねがなく安心感がある
  • 大手企業の傘下ではないので、フラットな視点から投資向け物件を提案してくれる

公式サイトを見る

レジデントファースト

レジデントファーストのイメージ画像

  • 大手不動産、三井不動産グループに属する
  • グループ内の強固な情報網で物件提案力に強みがある
  • 自社物件は都心高級エリアのハイグレードマンション
  • スタッフの宅建資格保有率96%

公式サイトを見る

FJネクスト

FJネクストのイメージ画像

  • テレビCMで知名度がある
  • 人気の「ガーラシリーズ」に代表される、ハイグレードな自社物件を展開。高級マンションでの投資が始められる
  • 立地や利便性に優れた自社物件が多い
  • 家賃保証、滞納保証のサービスが用意されている

公式サイトを見る

【経験者向け】 中古に強い

レイニッチ

レイニッチのイメージ画像

  • 説明がわかりやすく、誠意がある
  • 自社で買い上げた物件も提案できるので、仲介手数料なしでの投資も可能
  • 買い上げた物件は、自社でリフォーム、修繕して販売
  • 購入した物件を手放さなければならなくなったときにも、レイニッチが買取りをしてくれる

公式サイトを見る

ホームサポート21

ホームサポート21のイメージ画像

  • 高くても1,000万円までの低価格帯専門
  • 値引き交渉などが上手いという口コミが多い
  • 独自のネットワークがあり、価値の高い物件を掘り出せる
  • 地域の賃貸需要をしっかり分析している

公式サイトを見る

ジー・ピー・アセット

ジー・ピー・アセットのイメージ画像

  • 取扱物件数が非常に多い
  • 20年以上不動産の流通に携わってきた実績を持つ
  • 常に高い入居率を維持するノウハウを持っている
  • 空室リスクを考慮した提案力が魅力

公式サイトを見る

【玄人向け】 バランス型

デュアルタップ

デュアルタップのイメージ画像

  • 顧客一人ひとりにあった、オーダーメイドマンション経営という新しいスタイル
  • 中古、新築、自己資金の大小などにこだわらず、広い選択肢を提案してくれる
  • 東京23区内のニーズの高いエリアの物件にこだわって厳選
  • 家賃保証システムを利用すれば安定感のある経営が可能

公式サイトを見る

CFネッツ

CFネッツのイメージ画像

  • 確実性の高い投資を提案
  • データをもとに、空室率の把握、適切な賃料設定、修繕計画などを行う
  • 米国不動産管理資格を持った、目利きの社長がはじめた会社
  • 投資セミナーも多数展開

公式サイトを見る

リズム

リズムのイメージ画像

  • 市場に出ている膨大なマンションデータを分析
  • 立地や間取りだけでない、目に見えないデータを目に見える形で提示
  • 東京23区およびその周辺に物件を絞って、物件の競争力や顧客ニーズなどを調査し、基準を満たすものだけを提案
  • データをまとめた不動産評価レポートブック「DDR」を発行

公式サイトを見る

評判の良いワンルームマンション投資会社一覧